講談社文庫<br> 精姫様一条―お狂言師歌吉うきよ暦

個数:
電子版価格 ¥864
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

講談社文庫
精姫様一条―お狂言師歌吉うきよ暦

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月09日 15時00分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 348p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784062779746
  • NDC分類 913.6

内容説明

今をときめくお狂言師の歌吉は隠密の手駒も務める。踊りを披露したこともある将軍家慶の養女精姫の嫁ぎ先として名の挙がる井伊家と有馬家の使者が、心中に見せかけて殺された。男は井伊家御用達の畳表問屋堺屋の跡取りで、歌吉を小鋸で斬りつけたお糸のもと許嫁。因縁のお糸から事情を探れという密命が。

著者紹介

杉本章子[スギモトアキコ]
1953年福岡県生まれ。ノートルダム清心女子大学国文科卒業後、金城学院大学大学院修士課程修了。’79年「男の軌跡」で歴史文学賞佳作入選して、作家デビュー。’89年『東京新大橋雨中図』で直木賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

将軍家の姫は「厄介嫁」か。姫の嫁ぎ先となるはずの大名家を二分する縁組騒動は殺人事件まで引き起こし、隠密御用の歌吉にも密命が。

将軍家の姫は「厄介嫁」か。姫の嫁ぎ先となるはずの大名家を二分する縁組騒動は殺人事件まで引き起こし、隠密御用の歌吉にも密命が。