講談社文庫
部屋〈下〉アウトサイド

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 332p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784062777407
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

出版社内容情報

監禁されていた「部屋」からの脱出に成功したジャックとママ。しかし「解放」されたはずの「外」は、「天国」では決してなかった……「部屋」の中で産まれ、部屋の中で育ち、5歳になるまで一歩も「外」に出たことがなかったジャック。ジャックは「外」に「世界」があることすら知らないままに育ちました。だから、「脱出」に成功しても、すべてが初めてのことです。

初めて会ったおばあちゃん、おじいちゃん。
初めて食べるたくさんの食べ物(だからちょっとうんちが出なくなっちゃった)。
初めて感じる風(飛ばされそう!)。
初めての遊具(どうやって使うの?)
初めて会う、ママをいじめる嫌な人たち(どうしてママを泣かせるの?)。

外は楽しいってママから聞いたのに、なんでこうなっちゃうんだろう。
だから、ちょっとだけ、あの鍵のかかった、天窓のある「部屋」に帰りたいと思ってしまうのです――。

7年間、たった一人で密室にいて、5年間ジャックを育ててきた「ママ」の孤独。そして彼女の選択。
極限状態から「解放」されたはずの人間のさらなる苦悩と、再生のための、人間の決意。大きな救いを感じる、世界で絶賛されたベストセラー。

エマ・ドナヒュー[エマ ドナヒュー]
著・文・その他

土屋 京子[ツチヤ キョウコ]
翻訳

内容説明

監禁されていた「部屋」からの脱出に成功したジャックとママ。しかし「解放」されたはずの「外」は、決して天国ではなかった。いっそ、「部屋」に帰りたい―。ジャックの悲痛な声、五年間密室でジャックを育ててきたママの「外」での苦悩。そしてママはついに「決意」する。世界中で絶賛された、感動のベストセラー。

著者等紹介

ドナヒュー,エマ[ドナヒュー,エマ] [Donoghue,Emma]
1969年アイルランド生まれ。カナダのロンドン在住。ダブリン大学とケンブリッジ大学の博士課程修了。’94年に小説家デビュー、ラムダ賞の最終候補となる。’95年に発表した“Hood”、2000年に発表した“Slammerkin”が、それぞれさまざまな賞の候補となる。’10年に刊行した『部屋』にてマン・ブッカー賞の最終候補となり、ロジャースライターズトラストフィクション賞を受賞

土屋京子[ツチヤキョウコ]
1956年愛知県生まれ。東京大学教養学部卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

mint-s

45
部屋から脱出し、やっと外に出ることができた2人。外は自由で楽しいはずだったのに…。「窓は誰でも使っていいの?」「あの人間は本物なの?」何もかもが初めてでパニックになるジャック。世間の好奇の目に晒され外の世界でジャックを育てることの不安から心を病んでしまうママ。それでも無邪気なジャックの存在がママを助け、ママの愛がジャックを強くたくましく成長させていくのだと思う。最後の部屋とお別れする場面は切なさと希望を感じました。読友さんが映画も良かったと教えてくださったのでぜひ観たいと思います(^^)2017/12/20

33
下巻もとても面白かったです。《へや》の外の世界はジャックとママを不安定にしましたが、一生懸命理解していくジャックの姿が胸に刺さります。未知の世界でも、もがきながらも生きていかねば、と思わされました。ラストにしんみりしました。ぎりじいが良い人です。映画の公開が楽しみです。観たいです。2016/01/23

優花

29
救出されたものの、生まれてから1度も部屋の外の世界を知らないジャックにとっては、当たり前だと無意識に私達が思ってることが、いちいち驚きに値する。それを一生懸命わかりやすいように説明するママや周囲の大人達。そして一時もママと離れないようとしないジャック、発見されて入院してた施設をやって出て、これからは2人で生きていく決心をしたママ、後半1/3ぐらいから、ジャックの健気な姿を読み、涙が出てきて仕方なかった。ママもジャックも、幸せになって欲しい。2016/06/03

アズマ

27
この話は脱出して終わりにならないところが好きです。お母さんとジャックとの差がだんだんた悲しくなってきます。ジャックは今後それまでのことをどう受け止めるようになっていくのかが気になります。2019/12/04

メルル

19
五歳のジャックが初めて見た世界は一体どんなだったのだろう。ジャックを守るために母親は嘘を吐き続け、小さな部屋が唯一の世界だと信じさせていた。本当の世界を知ったジャックの驚きや動揺が手に取るように伝わる。こんな事件の被害者は世間も放って置いてはくれない。帰ってきた娘と孫の対応に迫られる母の難しさ。どれも納得できる物だった。そして気持ちが部屋から切り離された時、やっと安堵することが出来た。2019/04/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7856969

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。