講談社文庫<br> 暗黒館の殺人〈1〉

個数:
電子版価格
¥935
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

講談社文庫
暗黒館の殺人〈1〉

  • 綾辻 行人【著】
  • 価格 ¥1,056(本体¥960)
  • 講談社(2007/10発売)
  • 【ウェブストア限定】夏だね!ポイント5倍キャンペーン 対象商品(~7/15)※店舗受取は対象外
  • ポイント 45pt
  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2024年07月14日 01時10分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 616p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784062758550
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

漆黒の館に住まう一族に伝わる奇怪な秘儀とは!? 「館」シリーズ、最高&最深の達成!ラストに差しかかる辺りでは、胸が詰まってしまった。胸中に、凡(すべ)ての妖しき館が次々に屹立し、そして次々に崩れ去って行った。冷静でいられる訳はなかった。
黒々とした暗黒館の廃墟の上に、私は何だか異様なもの――懐かしいような、切ないような、そしてどうしようもなく愛おしいもの――を、幻視してしまったのである。――京極夏彦<文庫版第四巻巻末に収録の「特別寄稿◆暗黒館の諸相」より抜粋>

綾辻 行人[アヤツジ ユキト]
著・文・その他

内容説明

蒼白い霧に峠を越えると、湖上の小島に建つ漆黒の館に辿り着く。忌まわしき影に包まれた浦登家の人々が住まう「暗黒館」。当主の息子・玄児に招かれた大学生・中也は、数々の謎めいた出来事に遭遇する。十角塔からの墜落者、座敷牢、美しい異形の双子、そして奇怪な宴…。著者畢生の巨編、ここに開幕。

著者等紹介

綾辻行人[アヤツジユキト]
1960年京都府生まれ。京都大学教育学部卒業、同大学院修了。’87年に『十角館の殺人』で作家デビュー、“新本格ムーヴメント”の嚆矢となる。’92年、『時計館の殺人』で第45回日本推理作家協会賞を受賞。『水車館の殺人』『びっくり館の殺人』など、“館シリーズ”と呼ばれる一連の長編は現代本格ミステリを牽引する人気シリーズとなった(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

mae.dat

267
とうとう訪れました「暗黒館」。もう引き返せないよ。不穏なイベントが数々起きましたが、これがこれから加速するのでしょうね。浦登家の人物像ね。これらの設定は余す事なく使用されるのでしょうか。江南くんはどう関わって来るのか。そして、鹿谷門実はどの様に現場に登場するのでしょう。なるべく注意しながら読んだ積もりですが、最後まで覚えて居られるかな( ໊๑˃̶͈⌔˂̶͈)。御歳90を超えると言う鬼丸氏は、耳も悪くない様で誠に良う御座いますね。〈ダリアの宴〉とは一体何なのか。全てこの後明らかになるのですね。第2巻へ。2022/10/30

青葉麒麟

267
600ページ弱あるのに未だ誰も殺されて無い事に吃驚(゜ロ゜)延ばすねぇ(^_-)果たして何人死ぬんだろう?2012/02/11

おしゃべりメガネ

218
久しぶりの綾辻さん作品、しかも『館シリーズ』です。更に文庫全4巻からなる壮大な『暗黒館』の幕開けとなりました。1巻からイキナリの600頁超となるその分厚いボリュームに屈するコトになるかと思っていたのは、全くの杞憂?に終わり、600頁読んでいるとは思えないスピードを自然と苦にならずに導き出す、そのリーダビリティはやはり格の、そしてある意味次元の違いを見せつけてくれます。正直、前半の300頁分くらいは本作のプロローグ的な前フリですが、その前フリでさえ、しっかりと綾辻カラーを醸し出すのは流石としか言えません。2016/03/27

勇波

175
ついに「暗黒館」へ到着しました。。まだ事件らしい事件も起こってないけど、退屈させないこの館品質はさすがの一言!ISOでも取得すればいい。『あんこくかん』という言葉の響きだけで満足できます(笑)物語の所々に正体不明の違和感を感じつつも2巻へ入館します★2016/04/06

イアン

166
館シリーズ第7弾。熊本県の山奥、その湖上の島に聳える異形の館「暗黒館」。大学生の中也は当主の息子・玄児に招かれその地を訪れるが…。血塗られたような漆黒の館、シャム双生児の姉妹、奇病に侵された少年…。これぞ本格と言わんばかりのゴシックな世界観に、いやが上にも期待は高まる。年に1度開かれる<ダリアの宴>とは。そしてこの館に迷い込み記憶を失った河南の運命とは。前作から12年の歳月を経て発表された集大成的作品。そこには生みの苦しみもあったのだろう。かくいう私も前作から3年の歳月を要してしまった。その気持ちわかる。2024/01/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/573609
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。