現代思想の冒険者たちselect
ウィトゲンシュタイン―言語の限界

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 379p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784062743587
  • NDC分類 134.9
  • Cコード C0310

内容説明

言語の限界―科学上の問題とは言語がどう働くかについての誤解から生じてくる。言語の限界に突き当たって思考が瘤を生み出しているのである。哲学とはこれを取り除き、問題をその根から断つことである。哲学とは理想的な言語を作ることではなく、すでにある言語の使用を明らかにすることであり、通常の言語使用の底に隠されている、誤った先入見を暴こうとする営みである。

目次

一九二九年
『論理哲学論考』とはどんな書物か
ウィーンからケンブリッジへ
否定の謎
像としての命題
語りえぬ事柄
再出発と破局
復帰までの道のり
ふたたびケンブリッジにて
現象言語〔ほか〕

著者等紹介

飯田隆[イイダタカシ]
1948年生まれ。東京大学大学院博士課程中退。現在慶應義塾大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

哲学は存在するのかという問いこそ哲学の唯一の関心事である

言語の限界(die Grenzen der Sprache)
哲学上の問題とは言語がどう働くかについての誤解から生じてくる。言語の限界に突き当たって思考が瘤を生み出しているのである。哲学とはこれを取り除き、問題をその根から断つことである。哲学とは理想的な言語を作ることではなく、すでにある言語の使用を明らかにすることであり、通常の言語使用の底に隠されている、誤った先入見を暴こうとする営みである。

<付録>
著作ダイジェスト/キーワード解説/読書案内

飯田 隆[イイダ タカシ]
著・文・その他