講談社選書メチエ<br> 知の教科書 フランクル

個数:
電子版価格 ¥1,458
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

講談社選書メチエ
知の教科書 フランクル

  • 諸富 祥彦【著】
  • 価格 ¥1,620(本体¥1,500)
  • 講談社(2016/01発売)
  • クリスマスポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 30pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月05日 19時38分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 230p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784062586191
  • NDC分類 289.3

内容説明

二〇世紀の名著『夜と霧』『それでも人生にイエスと言う』の著者にして、ロゴセラピー(実存分析)を実践する心理療法家。ウィーンのユダヤ人家庭に生まれたフランクルは、精神科医として活躍し始めてまもなく、ナチスの政策により強制収容所に送られる。尊厳を踏みにじられ希望を失っていく収容所で、それでも人間に生きる意味はあるのか。苛酷な体験を通じて考え抜かれ到達した「苦悩する存在」というフランクルの人間観と思想の深さに迫る。

目次

自己の内面の空虚であることを認めざるをえないときに、人はフランクルを読む
第1部 フランクルの生涯と思想形成
第2部 フランクル思想のキーワード(「苦悩する存在」;バイ‐ザイン(もとにあること)―精神のリアリティ
実存的空虚―「心の穴」
幸福のパラドックス―求めれば求めるほど、逃げていく
「人生の問い」の転換
意味への意思
次元的存在論―「魂が深く満たされた病者」と「魂の空虚な健常者」
魂のケア―しかし宗教ではなく
心理―精神拮抗作用
脱内省―自分の内側を見つめるのは、やめなさい
あなたがこの世に生まれてきた「意味」 あなたの人生に与えられた「使命」)
第3部 作品解説(『医師による魂のケア―ロゴセラピーと実存分析の基礎づけ』;『ある心理学者の強制収容所体験』;『苦悩する人間―苦悩の擁護論の試み』;『生きがい喪失の悩み―現代の精神療法』;『聞き届けられることのなかった意味への叫び―心理療法とヒューマニズム』)

著者紹介

諸富祥彦[モロトミヨシヒコ]
1963年福岡県生まれ。筑波大学大学院博士課程修了。教育学博士。臨床心理士。現在、明治大学教授。日本トランスパーソナル学会会長。日本カウンセリング学会理事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

ユダヤ人強制収容所での苛酷な生を生き抜いた心理療法家フランクル。『夜と霧』に結実した思想とは? 独自の心理療法の内容とは?

1905年、オーストリア・ウィーンのユダヤ人家庭に生まれたフランクル。精神医学を学び、精神神経科医として、心理療法家として「ロゴセラピー(実存分析)」という手法を創始し、活躍していたが、ナチスのユダヤ人政策により1942年収容所に送られた。
3年近くもの苛酷な収容所生活を生き延びて解放されると、ふたたび心理療法家として、また著作家として精力的な活動を再開する。そのなかで追求されたことは、「人生における意味」の問題だった。
フランクルには実践的精神科医と著作家の二つの顔があり、さらに著作家としても、ロゴセラピーの伝達者と収容所での内面的真実の伝達者という二つの側面を持つ。
本書は『夜と霧』という永遠の名著の著者フランクルの思想と実践的活動を合わせた全体をわかりやすく解説する。

序 章 自己の内面の空虚であることを認めざるをえないときに、人は、フランクルを読む
第一章 生涯と思想形成
第二章 フランクル思想のキーワード
       「苦悩する存在」
       「バイーザイン(もとにあること)」
       「実存的空虚」
       「幸福のパラドックス」
       「人生の問い」
       「意味への意志」
       「次元的存在論」
       「魂が満たされた病者」と「魂の空虚な健常者」
       「魂への配慮」
       「心理――精神拮抗作用」
       「脱内省 あなたの内側を見つめるのはやめなさい」
       「あなたがこの世に生まれてきた意味、あなたの人生に与えられた使命」
第三章 作品解説

【著者紹介】
1963年生まれ。
筑波大学人間学類卒業。同大学院博士課程修了。
教育学博士。臨床心理士。
日本トランスパーソナル学会会長。日本カウンセリング学会理事。
著書に、『むなしさの心理学』『人生に意味はあるか』(ともに講談社現代新書)、フランクル関連では『100分de名著 フランクル 夜と霧』(NHKテレビテキスト)、『「夜と霧」ビクトール・フランクルの言葉』『フランクル心理学入門』(共にコスモス・ライブラリー)、『どんな時も、人生には生きる意味がある。フランクル心理学のメッセージ』(PHP文庫)、『生きる意味 ビクトール・フランクル22の言葉』(KKベストセラーズ)など。
監訳書にフランクル『<生きる意味>を求めて』(春秋社)などがある。