講談社選書メチエ<br> 冷えと肩こり―身体感覚の考古学

電子版価格 ¥1,512
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

講談社選書メチエ
冷えと肩こり―身体感覚の考古学

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 203p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784062585842
  • NDC分類 490.21
  • Cコード C0339

内容説明

われわれにとってありふれた症状である「冷え」「肩こり」は、日本人固有のもので、外国語に翻訳できない。また「うつ病」はもっぱら「西洋的」な病として語られ、「非西洋」の国では歴史的に稀であった―。日本人にとって身体的な苦痛はどこからくるのか?冷え性は近代になって、いかに病として発見されたのか?時代と文化で異なる身体感覚の謎に迫る。

目次

第1章 冷え性の発見
第2章 肩こりの謎
第3章 まなざしとことば
第4章 せんきの病
第5章 庸医―江戸の民間医師
第6章 江戸の体内想像図―『飲食養生鑑』と『房事養生鑑』
終章 再発見される身体感

著者紹介

白杉悦雄[シラスギエツオ]
1951年、北海道生まれ。1975年、中央大学法学部卒業。1994年、京都大学大学院文学研究科博士後期課程修了。京都大学博士(文学)。現在、東北芸術工科大学大学院芸術工学研究科長、同大学教養教育センター長。専門は中国及び日本の医学思想史、中国科学史。日本中国学会賞(哲学・思想部門)受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

なぜ日本人だけが肩こりや冷え性に悩むか。身体感や病をめぐることばの歴史を古代中国や江戸まで遡り、症状の根本に迫る知的興奮の書

「肩こり」を外国人に伝えようとしても、英語にも中国語にも訳語は見当たらない。日本人以外は肩がこらないから、とも言われる。冷え性に悩む女性は日本に数多くいるが、これも海外では治療の対象ではない。つまり、肩こりや冷えはわが国にしか存在しない病といえる。逆に、「うつ病」は西洋の病として捉えられてきた。中国や江戸の医学史研究をベースに、肩こり、冷え性、うつ、疝気などの「構造」をさぐる。