講談社選書メチエ<br> 町村合併から生まれた日本近代―明治の経験

個数:
電子版価格 ¥1,566
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

講談社選書メチエ
町村合併から生まれた日本近代―明治の経験

  • 松沢 裕作【著】
  • 価格 ¥1,728(本体¥1,600)
  • 講談社(2013/11発売)
  • クリスマスポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 32pt
  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2016年12月03日 14時06分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 222p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784062585668
  • NDC分類 318.1

内容説明

明治七年の町村数約七万八千、明治二二年の町村数一万六千弱。明治の大合併、それは新たな境界線を社会に引く試みだった。あいつぐ町村からの異議申し立て、合併後も紛争を抱える自治体…近世の地縁的・身分的共同体というモザイク状の世界から、近代の大字‐市町村‐府県‐国家という同心円状の世界へ。府藩県三治制、大区小区制、そして明治二二年の大合併にいたる「地方制度」の変遷をたどりながら、近代社会そのものを問い直す。

目次

はじめに 境界を持たない社会・境界を持つ権力
第1章 江戸時代の村と町
第2章 維新変革のなかで
第3章 制度改革の模索
第4章 地方と中央
第5章 市場という領域
第6章 町村合併
むすび 境界的暴力と無境界的暴力

著者紹介

松沢裕作[マツザワユウサク]
1976年東京都生まれ。東京大学文学部卒業、同大学大学院人文社会系研究科博士課程中退。東京大学史料編纂所助教を経て、専修大学経済学部准教授。専門は日本近代史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

明治期の町村合併、それは新たな境界線を社会に引く試みだった。町-市-県-国という同心円状の世界観がつくられた近代を問い直す。

明治七年の町村七万八〇〇〇、明治二二年の町村一万六〇〇〇弱。
明治の大合併、それは新たな境界線を社会に引く試みだった。
あいつぐ町村からの異議申し立て、合併後も紛争を抱える自治体……。
近世の地縁的・身分的共同体というモザイク状の世界から、近代の大字-市町村-府県-国家という同心円状の世界へ。
府藩県三治制、大区小区制、そして明治二二年の大合併にいたる「地方制度」の変遷をたどりながら、近代社会を問い直す。

はじめに 境界を持たない社会・境界を持つ権力
第一章 江戸時代の村と町
 1 モザイク状の世界/2 組合村/3 村と土地所有・村請制
第二章 維新変革のなかで
 1 「大区小区」制/2 明治初年の町村合併
第三章 制度改革の模索
 1 区戸長たちのフラストレーション/2 内務省と井上毅
第四章 地方と中央
 1 地方三新法/2 町村運営の行き詰まりと明治一七年の改革
第五章 市場という領域
 1 境界なきものとしての市場/2 備荒儲蓄法/3 道路が結ぶもの/4 市場と地方
第六章 町村合併
 1 「自治」の思想/2 合併の遂行/3 行政村と大字
むすび 境界的暴力と無境界的暴力

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件