講談社選書メチエ
ブリティッシュ・ロック―思想・魂・哲学

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 254p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784062585606
  • NDC分類 764.7
  • Cコード C0373

内容説明

ビートルズに始まる「イギリスの侵略」から半世紀―。世界中を熱狂させ、若者の「生の哲学」となったブリティッシュ・ロック。その誕生からの歴史をたどり、未来をさぐる。鼓動するドラムとベース、咆哮するエレキギター、絶叫のヴォーカルが、呼び起こす「ディオニュソス的陶酔」!ニーチェ、ハイデッガー、アガンベンの哲学が提示する、もっと音楽を愉しむための、思想としてのブリティッシュ・ロック。

目次

第1章 ロックの歴史
第2章 ロックという哲学思想
第3章 ロック・霊性を啓くもの
第4章 現代アートのなかのロック
第5章 ロックの歌詞の世界
第6章 ライフスタイルとしてのロック
第7章 ロックは滅んだか?
第8章 ロックの未来形

著者等紹介

林浩平[ハヤシコウヘイ]
1954年和歌山県に生まれる。東京大学法学部卒業。NHK勤務を経て早稲田大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学。詩人。恵泉女学園大学特任教授。文芸評論家。日本文学研究者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

「ロックは思想だ!」60年~70年代の全盛時代のロックを「哲学」「アート」「霊性」などをキーワードに深く読む、未曾有の論考。

ハイデガーの実存の「開け」の概念とロック。「新たな霊性を啓くメディア」としてのロック。テクノロジーとロックの関係、新たな芸術ジャンルとしてのロックなど、思想の側からロックという「現象」を深く読み解く未曾有の論考。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件