講談社選書メチエ<br> ドイツ観念論―カント・フィヒテ・シェリング・ヘーゲル

個数:
電子版価格 ¥1,566
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

講談社選書メチエ
ドイツ観念論―カント・フィヒテ・シェリング・ヘーゲル

  • 村岡 晋一【著】
  • 価格 ¥1,728(本体¥1,600)
  • 講談社(2012/08発売)
  • クリスマスポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 32pt
  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2016年12月10日 12時18分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 256p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784062585347
  • NDC分類 134.3

内容説明

近代的思考の基礎を作ったドイツ観念論の四人の代表的哲学者。彼らの思想の核心には、歴史の「これから」におのれの身一つで踏み出す勇気と決断があった。先達の思想を受け継ぎ、かつ乗り越えて行くダイナミックな思想の歩みを、これまでになく平易かつ明快に解説する。

目次

序章 ドイツ観念論とは?
第1章 カント『純粋理性批判』の「歴史哲学」(孤独な「私」から「われわれ」の共同体へ;存在とは規則性である;『世界市民という視点からみて普遍史の理念』;カントの「関係性の哲学」とラインホルとの「基礎哲学」)
第2章 フィヒテの『知識学』―フランス革命の哲学(自由の体系は可能か;人間精神の実用的歴史)
第3章 シェリング―自然史と共感の哲学者(自然史と同種性の原理;自己意識の前進的歴史;同一哲学とヘーゲルの批判;ドイツ観念論以後のシェリング―「悪の形而上学」と「世界時間論」)
第4章 ヘーゲル『精神現象学』―真理は「ことば」と「他者」のうちに住む(『精神現象学』の成立と特徴;感覚的確信―語られたものだけが真理である;主人と奴隷の弁証法―他者との共存は可能か;ギリシアのポリス―“われわれ”としての精神;ヘーゲルとフランス革命;道徳―歴史を創造する主体;宗教―神はみずから死にたもう;絶対知―「いま」「ここで」“それでよい”と語ること)

著者紹介

村岡晋一[ムラオカシンイチ]
1952年生まれ。中央大学文学部卒業。同大学大学院文学研究科博士後期課程中退。現在、中央大学理工学部教授。専門はドイツ観念論、ドイツ・ユダヤ思想(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

近代的思考の基礎を作ったドイツ観念論の4人の代表的哲学者。難解で鳴るその思想の核心を、これまでになく平易かつ明快に解説する。

「いま」「ここで」、<それでよい>と語る勇気
近代的思考の基礎を作ったドイツ観念論の四人の代表的哲学者。彼らの思想の核心には、歴史の「これから」に、おのれの身一つで踏み出す勇気と決断があった。先達の思想を受け継ぎつつ、かつ乗り越えて行くダイナミックな思想の歩みを、これまでになく平易かつ明快に解説する。
[本書の内容 ]
●ドイツ観念論とは?
●カント『純粋理性批判』の「歴史哲学」
●フィヒテの『知識学』──フランス革命の哲学
●シェリング──自然史と共感の哲学
●ヘーゲル『精神現象学』──真理は「ことば」と「他者」のうちに住む