講談社選書メチエ<br> 「ひとりではいられない」症候群―愛と孤独と依存症をめぐるエッセイ

個数:
  • ポイントキャンペーン

講談社選書メチエ
「ひとりではいられない」症候群―愛と孤独と依存症をめぐるエッセイ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月11日 07時42分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 270p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784062585293
  • NDC分類 493.7

内容説明

酒・タバコ・ドラッグ。携帯・ネット・ゲーム、そして、セックス―絶対的な孤独感から自分を守るために、あらゆるものへの依存を余儀なくされる現代人の病理を豊富な臨床事例から解読し、その処方箋を提示する。

目次

第1章 「ひとりではいられない」症候群(はじまりの孤独;孤独を感じるって病的なこと? ほか)
第2章 孤独のトラウマ(心に打ち込まれる「孤独」という楔;心の苦しみ ほか)
第3章 「ひとりではいられない症候群」の臨床現場(自己が消滅するという不安;身体現象‐身体言語に訴え出る症状たち ほか)
第4章 依存関係―愛が薬から毒へと変わるとき(薬物なき依存症;愛と依存関係 ほか)
第5章 依存症―孤独感を晴らしてくれるモノ(依存症を理解するきっかけとなった、臨床現象での出会い;性行為依存症 ほか)

著者紹介

オディベール,カトリーヌ[オディベール,カトリーヌ][Audibert,Catherine]
心理学者、精神分析家。パリ第七大学で教鞭を執る。「孤独感」「依存症」「ステップ・ファミリーに見られる心理問題」といった、通信手段の発達や新しい家族形態の出現などによって変容する現代社会のひずみにはまりこんでしまった人々の閉塞した心理に関する著作で「最も注目される専門家」の一人。フランスを代表するメディアで頻繁に提言を行っている

平野暁人[ヒラノアキヒト]
1979年生まれ。明治大学大学院仏文学専攻博士課程前期課程修了。翻訳家、フランス語通訳(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

絶対的な孤独感から自分を守るためあらゆるものに依存を余儀なくされる現代人の病理を豊富な臨床事例から解読、その処方箋を提示する

絶対的な孤独感から自分を守るためあらゆるものに依存を余儀なくされる現代人の病理を豊富な臨床事例から解読、その処方箋を提示する