講談社選書メチエ<br> 「社会」の誕生―トクヴィル、デュルケーム、ベルクソンの社会思想史

電子版価格 ¥1,458
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

講談社選書メチエ
「社会」の誕生―トクヴィル、デュルケーム、ベルクソンの社会思想史

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 212p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784062585088
  • NDC分類 361.235

内容説明

神という超越性に包摂された世界から、社会という観念が切り離されたとき、「社会科学」が生まれた。19世紀フランスに生まれたトクヴィル、デュルケーム、ベルクソンという三者を、ひとつの流れとして読み解く、これまでにない「ユニーク」な思想史。

目次

序 分解する現代社会―「社会」という表象
第1章 トクヴィル:懐疑(超越性に包含された世界と人間―二月革命以前;世俗世界の分離、「社会それ自体」の出現―二月革命 ほか)
第2章 デュルケーム:格闘(実証科学としての社会学の創造―物としての社会的事実;歴史的背景―第三共和制初期 ほか)
第3章 ベルクソン:開展(意識、持続、自由;生命一般と物質一般、生命の原理としての創造的自由 ほか)
終章 誕生した社会:絡繰―相互創造の網と人間的超越性

著者紹介

菊谷和宏[キクタニカズヒロ]
1969年愛知県生まれ。一橋大学大学院社会学研究科博士課程修了。博士(社会学)。フランス国立社会科学高等研究院(EHESS)DEA課程、パリ第七大学招聘研究員、ユーロメッド・マルセイユ客員研究員等を経て、現在、和歌山大学経済学部教授。日仏社会学会理事。専攻は、社会思想史、社会哲学。主な著書に、『トクヴィルとデュルケーム―社会学的人間観と生の意味』(東信堂、日本社会学史学会奨励賞受賞)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

「世界」から「社会」が生まれ何が起きたか神という超越性に包摂された世界から、社会という観念が切り離されたとき「社会科学」が生まれた。19世紀フランスに生まれた三者をひとつの流れとして読み解く

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件