講談社選書メチエ<br> 洋服・散髪・脱刀―服制の明治維新

個数:
  • ポイントキャンペーン

講談社選書メチエ
洋服・散髪・脱刀―服制の明治維新

  • 刑部 芳則【著】
  • 価格 ¥1,728(本体¥1,600)
  • 講談社(2010/04発売)
  • クリスマスポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 32pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月06日 17時40分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 222p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784062584647
  • NDC分類 383.1

内容説明

直垂を着たい老華族、刀を持ちたい士族、月代を剃れないことに戸惑う庶民たち…近代化を図る日本が自らの装いを確立するにいたるまでの維新の指導者たちの苦闘と統治される人々の混乱の跡を、国家による服装の制度「服制」という視点から辿る。

目次

第1章 王政復古の服制
第2章 文明開化の服制
第3章 無視される服制
第4章 対立する服制
第5章 大日本帝国の服制
終章 「王政復古の服制」から「大日本帝国の服制」

著者紹介

刑部芳則[オサカベヨシノリ]
1977年、東京都生まれ。中央大学大学院文学研究科博士後期課程修了。博士(史学)。現在、中央大学文学部兼任講師。専攻は日本近代史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)