• ポイントキャンペーン

講談社選書メチエ
海から見た日本人―海人で読む日本の歴史

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 254p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784062584630
  • NDC分類 210.04

内容説明

「単一的」な外見の下に重層する多彩な貌。「海」をキーワードに人類学・神話学・考古学などさまざまな分野の知見を学際的に綜合し、日本人の複合的構造性を解明する。従来の日本人論を一新する画期的論考。

目次

序章 和洋洋折衷の島―小笠原から
第1章 ホモ・サピエンスと日本列島
第2章 海を越える黒い石と白い貝
第3章 海を渡ってきた稲
第4章 海人の比較考古学
第5章 海を越える魂
第6章 海人列島残照

著者紹介

後藤明[ゴトウアキラ]
1954年生まれ。東京大学文学部卒業。同大学大学院人文科学研究科修士課程・ハワイ大学人類学学部大学院博士課程修了。同志社女子大学現代社会学部教授を経て、南山大学人文学部教授・同大学人類学研究所所長。専攻は海洋人類学および物質文化や言語文化の人類学的研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

「単一的」な外見の下に重層する多彩な貌。
「海」をキーワードに人類学・神話学・考古学などさまざまな分野の知見を学際的に綜合し、日本人の複合的構造性を解明する。従来の日本人論を一新する画期的論考!