• ポイントキャンペーン

講談社選書メチエ
性欲の文化史〈2〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 223p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784062584258
  • NDC分類 367.9

内容説明

パンチラに感謝するフランス人と、平気で見すごす中国人―何に性感を覚えるかは、時代により民族により異なる。人間の性欲とは、きわめて文化的な心の持ちようなのだ。桂離宮から渋谷センター街まで、射精抑圧から女体観察まで、感じて、そそられて、満たされる、秀逸の論究集。

目次

まえがき 性のなかに文化を読む
1 桂離宮にエロスを読む
2 神仙の証―中国古代房中術にみるセックスと飛翔
3 韓国整形美人事情
4 摩登上海にうかぶ女体の群れ
5 映画のなかの性―戦後映画史における性表現と性意識の変遷
6 「ギャル男」のいる光景
7 男から生まれた女
8 ホステスたちは、何を売る?

著者紹介

井上章一[イノウエショウイチ]
1955年、京都府生まれ。京都大学大学院修士課程修了。現在、国際日本文化研究センター勤務。専門は風俗史、意匠論。1986年度サントリー学芸賞、1999年度芸術選奨文部大臣賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)