講談社選書メチエ<br> 世界のなかの日清韓関係史―交隣と属国、自主と独立

個数:
電子版価格 ¥1,458
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

講談社選書メチエ
世界のなかの日清韓関係史―交隣と属国、自主と独立

  • 岡本 隆司【著】
  • 価格 ¥1,620(本体¥1,500)
  • 講談社(2008/08発売)
  • クリスマスポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 30pt
  • 出版社からお取り寄せいたします。

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 204p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784062584203
  • NDC分類 220

内容説明

朝鮮半島は、東アジアの国際関係史を考えるうえで、きわめて重要な位置を占めている。一六世紀の東アジア情勢から説き起こし、江戸時代の「日朝交隣関係」と「清韓宗属関係」の併存、一九世紀後半の「属国自主」を検証。そのうえで、近代の日清韓の利害対立、国際関係の行方を追う力作。日清、日露戦争にいたる道とはなんだったのか、大きなスケールで描く。

目次

第1章 宗属関係(朝鮮王朝の対外関係;倭乱;胡乱;華夷変態)
第2章 「属国自主」の形成(西力東漸;朝鮮の条約締結;一八八二年)
第3章 「属国自主」の展開(朝鮮の「自主」追求;清朝の「属国」追求;朝鮮保護の帰趨)
第4章 独立自主(日清開戦;甲午改革と俄館播遷;大韓帝国;一九〇〇年)

著者紹介

岡本隆司[オカモトタカシ]
1965年、京都市生まれ。現在、京都府立大学文学部准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)