ブルーバックス<br> 放射能と人体―細胞・分子レベルからみた放射線被曝

個数:
電子版価格 ¥1,188
  • 電書あり

ブルーバックス
放射能と人体―細胞・分子レベルからみた放射線被曝

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年05月12日 07時06分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 310p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784062578592
  • NDC分類 493.19
  • Cコード C0247

出版社内容情報

放射能とは何か? 人体にどのような影響を及ぼすのか? 原爆や原発事故などによる放射線被曝と健康の関係を科学的に考察する「100ミリシーベルト以下の被曝は心配ない」は本当なのか?

瞬時に高線量の放射線を浴びれば即死する。

では、低線量でも長期にわたって被曝したら……?

被爆から約70年を経た現在も、臓器内部から放射線が出続けているという。

細菌やウイルス、化学物質に対して免疫システムや解毒作用を備える人体だが、放射能にはどれだけ耐えられるのか。

原爆や原発事故、劣化ウラン弾による被曝の調査報告をもとに、放射線の生体への影響を科学的観点から詳細に検証する。

はじめに
目次
第1部 放射能とは何か?
第2部 放射線とその生体への影響に関する原理
第3部 放射能は健康にどう影響するか
あとがき
さくいん/参考文献


落合 栄一郎[オチアイ エイイチロウ]
著・文・その他

内容説明

瞬時に高線量の放射線を浴びれば即死する。では、低線量でも長期にわたって被曝したら…?被曝から約70年を経た現在も、臓器内部から放射線が出続けているという。細菌やウイルス、化学物質に対して免疫システムや解毒作用を備える人体だが、放射能にはどれだけ耐えられるのか。原爆や原発事故、劣化ウラン弾による被曝の調査報告をもとに、放射線の生体への影響を科学的観点から詳細に検証する。

目次

第1部 放射能とは何か?(放射能はなぜ怖いのか)
第2部 放射線とその生体への影響に関する原理(原子力、放射線、化合物;生物は化学世界に生きている―化学物質は生体系でどうふるまうか;放射線と化学世界の相互作用;放射線は生命にどう影響するか ほか)
第3部 放射能は健康にどう影響するか(広島・長崎の原爆についてのデータ;原水爆実験、スリーマイル島事故と正常運転時の原発;チェルノブイリ原発事故;福島第一原発事故 ほか)

著者等紹介

落合栄一郎[オチアイエイイチロウ]
東京都出身。東京大学大学院博士課程修了。工学博士。長年にわたり、カナダ、アメリカ、スウェーデン、ドイツなどで化学の教育と研究に従事。生物無機化学専攻。現在はカナダ、バンクーバー在住。日刊ベリタ紙記者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。