ブルーバックス<br> 「コレステロール常識」ウソ・ホント―知ってビックリ!正しい知識と診断基準

電子版価格 ¥880
  • 電書あり

ブルーバックス
「コレステロール常識」ウソ・ホント―知ってビックリ!正しい知識と診断基準

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 177,/高さ 18cm
  • 商品コード 9784062574655
  • NDC分類 491.44
  • Cコード C0247

内容説明

2000万人とも3000万人ともいわれる高コレステロール血症患者。しかし、治療が必要なのは、その一部でしかない。科学的根拠のとぼしい診断基準、1000人に2人しか心筋梗塞の予防効果が現れない薬、摂りすぎると身体に有毒なリノール酸を薦める食事療法…。これまでタブーとされてきた問題を新聞協会賞受賞の医療ジャーナリストが鋭く追及。

目次

プロローグ 自分の健康に自信を持てない日本人
第1章 コレステロールとは何か
第2章 次々に覆されるコレステロールの常識
第3章 コレステロール低下剤興亡の歴史
第4章 女性と高齢者のコレステロール値
第5章 食事指導が心筋梗塞を増やす?
第6章 こうして決まった診断基準
第7章 だれが健康を守るのか

著者等紹介

田中秀一[タナカヒデカズ]
1959年東京生まれ。1982年慶応義塾大学経済学部卒業、読売新聞東京本社入社。長野、松本支局、社会部などを経て、1993年から長期連載「医療ルネサンス」を担当。97年に発足した医療情報室(現・医療情報部)記者として、がん、医薬品、生殖医療など健康・医療問題を取材。1998年、「国内初の卵子提供による体外受精」の報道で新聞協会賞受賞。2000年から医療情報部次長
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。