ブルーバックス<br> ドーピング―スポーツの底辺に広がる恐怖の薬物

ブルーバックス
ドーピング―スポーツの底辺に広がる恐怖の薬物

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 143,/高さ 18cm
  • 商品コード 9784062572996
  • NDC分類 780.19

内容説明

ますます巧妙になる手段と効果的な新薬の登場で、スター選手による禁止薬物の使用が絶えず、一般のスポーツ愛好者にも汚染は広がっている。一時のパワーアップに喜んだ後に来る劇的な副作用の怖さを知ろう。

目次

第1章 広がるドーピング汚染(根深いドーピング汚染;遅れる日本の対応 ほか)
第2章 トーピングの方法とその検査法(ドーピングの実際;ドーピング検査の方法)
第3章 ドーピングの副作用(トップ選手の死;副作用の実際 ほか)
第4章 一般スポーツ愛好者のドーピング汚染(底辺汚染の実態;ドーピング・カウンセリング)

著者紹介

高橋正人[タカハシマサト]
国際武道大学助教授。医学博士。1959年生まれ。信州大学医学部卒業後、東邦大学医学部第一内科研究生、国際武道大学専任講師を経て現職。日本内科学会認定内科医、日本内分泌学会認定内分泌代謝専門医、日体協公認スポーツドクター

立木幸敏[タツギユキトシ]
国際武道大学専任講師。1965年生まれ。千葉大学大学院教育学研究科修了後、同研究生、国際武道大学助手を経て現職。解剖学、組織学を専攻