• ポイントキャンペーン

健康ライブラリー
子どものスポーツ障害を防ぐ・治す

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 193p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784062540810
  • NDC分類 780.19

内容説明

本書は、スポーツ障害がおこったとき、どのように対処したらよいか、予防にはなにを注意したらよいのかなどを、スポーツ指導者の方や、成長期のお子さんをおもちの方を対象に、子供がおこしやすい症状を、部位別に徹底解説。

目次

1 子どものスポーツ障害はなぜこわいか(スポーツ障害とは;「使いすぎ」により、腱などに障害がでる;身長がぐんぐん伸びる時期が要注意 ほか)
2 いろいろな障害と治療法(どんな治療法があるか;装具療法、理学療法、手術療法について;湿布やぬりぐすりが基本 ほか)
3 スポーツをするとき注意すること(トレーニングをするとき、こんな場所に注意;ラケットはちょっと軽めに感じるものを;スポーツシューズは運動ぐつスタイルがよい ほか)
4 疲れを残さないトレーニング法(疲労しない運動は運動にはならない;練習日記をつけてオーバートレーニングを防ごう;運動にはバランスが大事 ほか)
5 スポーツ障害から復帰するとき(運動に復帰する目安は?;治療中の運動は痛みのない範囲で;肩の障害で休んでいたとき―動きをチェックする ほか)

著者紹介

松井達也[マツイタツヤ]
1947年生まれ。昭和大学医学部卒業後、日本赤十字社医療センター整形外科勤務を経て、’89年に周東総合病院整形外科部長就任。’91年、松井医院を継承し、現在に至る。専門は脊柱、ひざ、スポーツ医学。全日本バスケットボールチームのチームドクターを務め、さまざまなスポーツデータの統計をおこなうなど、スポーツ医学にかんするユニークな活動をおこなっている。趣味は磯釣りと写真