規制の虜―グループシンクが日本を滅ぼす

個数:
電子版価格 ¥1,512
  • 電書あり

規制の虜―グループシンクが日本を滅ぼす

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2019年07月18日 06時42分現在)
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 268p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784062198820
  • NDC分類 543.5
  • Cコード C0036

内容説明

原発事故から5年。続々進む再稼働。日本人はフクシマから何を学んだのか?国会事故調元委員長が、エリートの人災を暴いた委員会の舞台裏と、その後に起きている揺り戻しの策動を綴る。

目次

第1部 ドキュメントメイキング・オブ・国会事故調(夢中で走り抜けた7ヵ月;ファクトの積み重ねから真実が見えてくる―国会事故調査委員会・タウンミーティングハイライト)
第2部 3・11が浮かびあがらせた日本の「病巣」(「規制の虜」と同じ構造はあちこちにある;グループシンクが国を滅ぼす;「世界からの見え方」との大きなギャップ;問われるジャーナリズムの責任;審議会ではなく独立調査委員会を;「民主主義の貧困」から脱するために;福島が生んだ2人の「巨人」;グローバル時代のイノベーション;自分が変わらなければ社会は変わらない;3・11は日本へのウェイクアップコール)

著者等紹介

黒川清[クロカワキヨシ]
1936年生まれ。東京大学医学部卒業。1969年に渡米、1979年UCLA内科教授。1983年帰国後、東京大学内科教授、東海大学医学部長、日本学術会議会長、内閣府総合科学技術会議議員(2003‐06年)、内閣特別顧問(2006‐08年)、WHOコミッショナー(2005‐08年)などを歴任。国際科学者連合体、国内外の学会および大学の理事、役員など幅広い分野で活躍。国会福島原発事故調査委員会委員長(2011年12月‐2012年7月)でAAAS Award for Scientific Freedom and Responsibility受賞(2012年)、Foreign Policy紙の100 Top Global Thinkers of 2012に選出。現在、MITメディアラボ、コロンビア大学客員研究員、GHIT(公益社団法人グローバルヘルス技術振興基金)、日本医療政策機構などの代表理事・会長、政策研究大学院大学客員教授、東京大学名誉教授など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

原発事故から5年。国会事故調元委員長が、エリートの人災を暴いた委員会の舞台裏と、その後に起きている揺り戻しの策動を綴る。原発事故から5年。
続々進む再稼働。
日本人はフクシマから何を学んだのか?

国会事故調元委員長が、規制する側(監督官庁)が規制される側(東電)の論理に取り込まれて無能化する「規制の虜」が起きたと断じ、エリートの人災を暴いた委員会の舞台裏と、この「規制の虜」と同じ構造がいま、日本のあちこちに存在する実情を描く!

2015年8月に再稼働した川内原発をめぐっては、九州電力が、原発事故時の対策拠点となる免震重要棟の建設計画を、再稼働後に撤回した。しかし、国会事故調の参考人質疑において、福島第一原発事故当時に東京電力社長であった清水正孝氏は、免震重要棟の重要性について、「もしあれがなかったらと思うとゾッとする」と明言している。その免震重要棟を、九州電力は「重要な根拠」も示さずに、「不要」と判断した。福島第一原発事故の教訓は、どのように認識されているのだろうか。(「イントロダクション」より抜粋・要約)

第一部 ドキュメント メイキング・オブ・国会事故調
第二部 3・11が浮かびあがらせた日本の「病巣」

イントロダクション
【第1部】 ドキュメント メイキング・オブ・国会事故調
1 夢中で走り抜けた7ヵ月
2 ファクトの積み重ねから真実が見えてくる 国会事故調査委員会・タウンミーティング ハイライト
【第2部】 3・11が浮かびあがらせた日本の「病巣」
1 「規制の虜」と同じ構造はあちこちにある
2 グループシンクが国を滅ぼす
3 「世界からの見え方」との大きなギャップ
4 問われるジャーナリズムの責任
5 審議会ではなく独立調査委員会を
6 「民主主義の貧困」から脱するために
7 福島が生んだ2人の「巨人」
8 グローバル時代のイノベーション
9 自分が変わらなければ社会は変わらない
10 3・11は日本へのウェイクアップコール
【主な参考文献・資料】
あとがき


黒川 清[クロカワ キヨシ]
著・文・その他

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件