二つの星―横井玉子と佐藤志津 女子美術大学建学への道

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 335p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784062165037
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0095

内容説明

女子美術大学には二人の親がいる。生みの親が横井玉子(1854~1903)で、育ての親が佐藤志津(1851~1919)である。二人の親がいなかったなら今日の女子美はなかった。大学にとって二つの星である。女子の美術大学校はこの地球上に二つしかない。ムーア美術大学(アメリカ・ペンシルベニア州フィラデルフィア)と女子美術大学である。どちらも百年余の歴史と伝統を有する。日本の女子美術大学は年月の重みに耐え、時代の潮流に流されずに厳然として生き残っている。今なお堂々と生命力をたもっている。その源泉と苦難の道のりを描く。

目次

第1章 佐倉と鉄砲洲
第2章 幕末流転
第3章 美校誕生
第4章 本郷の丘

著者等紹介

山崎光夫[ヤマザキミツオ]
1947年、福井市生まれ。1970年、早稲田大学を卒業後、放送作家、雑誌記者を経て作家となる。『安楽処方箋』で第44回小説現代新人賞を受賞。『薮の中の家―芥川自死の謎を解く』で第17回新田次郎文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。