• ポイントキャンペーン

儲けることにきれい汚いはない―日本と中国は世界の「巨龍」になれるか

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 226p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784062101325
  • NDC分類 304

内容説明

今、中国では孔子の教えが再び注目されるようになっている。“儒商”という言葉がはやっている。“儒商”とは、儒教の精神を持った商人という意味である。お金儲けも巧みだが、それにとどまらず、社会的貢献についても考える賢い商人である。1988年、ノーベル賞受賞者がパリに集まり大会が開かれた。ここで発表された共同宣言が、私の手元にある。「人類が、来るべき21世紀に向かって生き残りの努力を行おうとするならば、2500年の昔にさかのぼり、中国の孔子の知恵に学ばなければならない。…」ノーベル賞受賞者という、まさに人類最高の英知の持ち主たちは、来るべき新世紀に向け、孔子の思想を大きく評価したのである。本書では、日本と中国が21世紀に、どうダイナミックに変わっていくかを、孔子の観点から考えてみた。

目次

第1章 マルクス・レーニンより孔子の心
第2章 片手に論語、片手にソロバン
第3章 争わずに解決できれば、それが一番
第4章 なまぐさい孔子だからいいのだ
第5章 40歳にして大いに迷う
第6章 浅薄なアメリカ流「世界標準」にだまされるな
第7章 中国と日本は世界の2つの巨龍