機能不全家族―「親」になりきれない親たち

  • ポイントキャンペーン

機能不全家族―「親」になりきれない親たち

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 278p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784062099301
  • NDC分類 367.3

内容説明

子どもとの間違ったコミュニケーションが、家族を不幸にしている。違っていたら、やり直せばいい。人生に、家族に、遅すぎることはない。機能する家族とはどんな家族か、そういう家族を築くにはどうしたらいいかを考える中で、浮かび上がってきた、父親業、母親業の「仕方」。ベストセラー『アダルト・チルドレンと癒し』の著者の最新話題作。

目次

第1章 「機能不全」の家族が増えている(日本から逃げ帰ったアメリカ人;日本の家族もなんと約八十パーセントが機能不全 ほか)
第2章 「子どものために」という依存する心(心の扉を開ける言葉、閉ざす言葉;家庭や社会での親の態度は子どもに伝わる ほか)
第3章 子どもとの人間関係をよくするために(親の権威で子どもをコントロールしない;子どもは親のために生きるのではない ほか)
第4章 心を閉ざしてしまったのは、だれ?(母親との葛藤に苦しむ吉男;子どもの発達段階を知る ほか)
第5章 親も子も「ノー」と言えるルールを(ルールはみんなで具体的に楽しく決める;なぜルールが必要なのかを理解させる ほか)
第6章 「あなたの子どもではありません」(子どもは両親の対立を敏感に察知する;夫婦間の話し合いは重要 ほか)