権謀術数のヨーロッパ―社会主義壊走と欧州新秩序

  • ポイントキャンペーン

権謀術数のヨーロッパ―社会主義壊走と欧州新秩序

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 426p/高さ 20X14cm
  • 商品コード 9784062053501
  • NDC分類 302.3

内容説明

覇権争奪に各国の利害と思惑渦巻く、世紀末のヨーロッパ大陸を襲った激変を読む。新国際秩序のすべてがわかる一冊。

目次

第1章 激変するヨーロッパ政治地図―ポスト冷戦時代の訪れ(ヨーロッパは光から陰へ;社会主義の壊走;ドイツ統一の急進撃;湾岸戦争の影;社会主義の終焉・ソ連帝国の崩壊)
第2章 ヨーロッパ新秩序の模索―90年代大欧州の誕生を見据えて(冷戦の終焉とCSCE;欧州の安全保障と対外関係;ECの政治同盟;欧州防衛の欧州化)
第3章 東欧改革と西側援助―苦闘する市場経済への移行(指令経済から市場経済へ;コメコン体制の崩壊;東欧の経済改革は成功するのか;民主化と西側の援助)
第4章 崩壊したソ連帝国―迫り来るヨーロッパの危機(漂流するペレストロイカ;溢れ出る難民;石油輸入国への転落;軍部を注視する西欧)
終章 世紀末転換のヨーロッパと日本―パラダイム・シフトへの国際責任(変貌する経済社会;「勢力均衡」へのパラダイム・シフト;歴史に回帰するヨーロッパ;「ポスト冷戦」期の日本の責任)