• ポイントキャンペーン

講談社文芸文庫
若い荒地

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 371p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784061984691
  • NDC分類 911.52
  • Cコード C0195

内容説明

戦後詩を先導した「荒地」の詩人たち―鮎川信夫、中桐雅夫、田村隆一、三好豊一郎、北村太郎、さらには戦後を迎えることなく歿した牧野虚太郎、森川義信ら…。軍靴響く閉塞した時代のなかで、自由なる詩精神を堅持した、彼ら“若き荒地”の青春群像を、当時の詩誌「LUNA」「LE BAL」「詩集」等を綿密に辿ることで、鮮やかに再現。戦前・戦中の詩史の新たな光をあてた貴重で異色な試み。

目次

一九二三年
不良少年の夜
非望のきはみ
冗漫且つ遠廻しな弁明の巻
三好豊一郎の禿頭
ペルセポリスの夢も
埒外の招待に
わたしの言ふことは変である
ランプよりも巨大な思ひ出の下で
最初の『死』の完成
『一九四〇年の春』
死人のやうに
英吉利よりもとほく亜米利加よりもとほく
Aの日記
Aの日記(承前)
審判 あるいはモナリザの失踪
『あはれな夢』
僕はもう言葉が聞こえない
橋上の人
座談会
解説

著者等紹介

田村隆一[タムラリュウイチ]
1923・3・18~1998・8・26。詩人。東京生まれ。明治大学文芸科卒。1939年、府立第三商業学校の同級生・北村太郎の紹介で、神戸の中桐雅夫編集の「LE BAL」に参加、鮎川信夫、三好豊一郎らを知る。43年、横須賀第二海兵団(武山)に入団。敗戦後9月に京都から復員。47年9月、第2次「荒地」創刊、2号まで編集人となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。