(見えない)欲望へ向けて―クィア批評との対話

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 241p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784409040751
  • NDC分類 367.9
  • Cコード C3010

内容説明

本書は、文学を読むことの快楽と、狭い意味での性的快楽との区別を、意図的に混線させる試みである。

目次

1 見えない欲望を読む(セジウィックとホモソーシャル/ホモセクシュアル連続体;男と男のあいだ―『デイヴィッド・コパーフィールド』のセクシュアリティ;ジェイン・オースティンを読む兵士たち)
2 プライヴァシーの亀裂と侵犯(わたしは作文を引き裂いた―『ヴィレット』と語る女性の私的領域;登場人物には秘密がない―E.M.フォースターのクローゼット)
3 精神分析とクィア批評の往還(欲望はそこにある―ジジェク、コプチェク、固い現実界;主体化されない残余・去勢―ジュディス・バトラーと誤読のポリティクス;孤独なマゾヒズム―レオ・ベルサーニへの斜線)

著者等紹介

村山敏勝[ムラヤマトシカツ]
1967年生まれ。筑波大学文芸言語研究科博士課程中退。成蹊大学文学部助教授。英文学(イギリス小説、批評理論)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。