講談社学術文庫<br> 中世ヨーロッパの城の生活

個数:
電子版価格 ¥1,026
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

講談社学術文庫
中世ヨーロッパの城の生活

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年08月25日 09時13分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 297p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784061597129
  • NDC分類 230.4
  • Cコード C0122

内容説明

牢固とまた堂々と風格を漂わせ、聳える城。西欧中世、要塞のような城が陸続と建造されていった。城作りはいついかなる理由で始まったのだろうか。城の内外ではどのような生活が営まれていたのだろうか。ウェールズ東南端の古城チェプストー城を例に挙げ、年代記、裁判記録、家計簿など豊富な資料を駆使し、中世の人々の生活実態と「中世」の全体像を描き出す。

目次

城、海を渡る
城のあるじ
住まいとしての城
城の奥方
城の切り盛り
城の一日
狩猟
村人たち
騎士
戦時の城
城の一生
城の衰退

著者等紹介

ギース,ジョゼフ[ギース,ジョゼフ][Gies,Joseph]
30年間にわたって中世の歴史の本を書きつづけている。現在、ミシガン州アナーバー近郊に在住

ギース,フランシス[ギース,フランシス][Gies,Frances]
30年間にわたって中世の歴史の本を書きつづけている。現在、ミシガン州アナーバー近郊に在住

栗原泉[クリハライズミ]
1965年、米国セント・メリー大学卒業(英語・哲学専攻)。エンサイクロペディア・ブリタニカ日本支社編集部勤務を経て、翻訳に携わる
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

堅牢な城はいかに造られ、城の内外ではどんな生活が営まれていたのだろうか。新たな中世史像を描いて定評ある著者のロングセラー!牢固とまた堂々と風格を漂わせ、聳(そび)える城。西欧中世、要塞のような城が陸続と建造されていった。城作りはいついかなる理由で始まったのだろうか。城の内外ではどのような生活が営まれていたのだろうか。ウェールズ東南端の古城チェプストー城を例に挙げ、年代記、裁判記録、家計簿など豊富な資料を駆使し、中世の人々の生活実態と「中世」の全体像を描き出す。

まえがき――チェプストー城
第1章 城、海を渡る
第2章 城のあるじ
第3章 住まいとしての城
第4章 城の奥方
第5章 城の切り盛り
第6章 城の1日
第7章 狩猟
第8章 村人たち
第9章 騎士
第10章 戦時の城
第11章 城の1年
第12章 城の衰退


ジョゼフ・ギ?ス[ジョゼフ ギ?ス]
著・文・その他

フランシス・ギ?ス[フランシス ギ?ス]
著・文・その他

栗原 泉[クリハラ イズミ]
翻訳