講談社学術文庫<br> 中世ヨーロッパの城の生活

個数:
電子版価格 ¥1,155
  • 電書あり

講談社学術文庫
中世ヨーロッパの城の生活

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年07月05日 15時09分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 297p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784061597129
  • NDC分類 230.4
  • Cコード C0122

出版社内容情報

堅牢な城はいかに造られ、城の内外ではどんな生活が営まれていたのだろうか。新たな中世史像を描いて定評ある著者のロングセラー!牢固とまた堂々と風格を漂わせ、聳(そび)える城。西欧中世、要塞のような城が陸続と建造されていった。城作りはいついかなる理由で始まったのだろうか。城の内外ではどのような生活が営まれていたのだろうか。ウェールズ東南端の古城チェプストー城を例に挙げ、年代記、裁判記録、家計簿など豊富な資料を駆使し、中世の人々の生活実態と「中世」の全体像を描き出す。

まえがき――チェプストー城
第1章 城、海を渡る
第2章 城のあるじ
第3章 住まいとしての城
第4章 城の奥方
第5章 城の切り盛り
第6章 城の1日
第7章 狩猟
第8章 村人たち
第9章 騎士
第10章 戦時の城
第11章 城の1年
第12章 城の衰退


ジョゼフ・ギ?ス[ジョゼフ ギ?ス]
著・文・その他

フランシス・ギ?ス[フランシス ギ?ス]
著・文・その他

栗原 泉[クリハラ イズミ]
翻訳

内容説明

牢固とまた堂々と風格を漂わせ、聳える城。西欧中世、要塞のような城が陸続と建造されていった。城作りはいついかなる理由で始まったのだろうか。城の内外ではどのような生活が営まれていたのだろうか。ウェールズ東南端の古城チェプストー城を例に挙げ、年代記、裁判記録、家計簿など豊富な資料を駆使し、中世の人々の生活実態と「中世」の全体像を描き出す。

目次

城、海を渡る
城のあるじ
住まいとしての城
城の奥方
城の切り盛り
城の一日
狩猟
村人たち
騎士
戦時の城
城の一生
城の衰退

著者等紹介

ギース,ジョゼフ[ギース,ジョゼフ][Gies,Joseph]
30年間にわたって中世の歴史の本を書きつづけている。現在、ミシガン州アナーバー近郊に在住

ギース,フランシス[ギース,フランシス][Gies,Frances]
30年間にわたって中世の歴史の本を書きつづけている。現在、ミシガン州アナーバー近郊に在住

栗原泉[クリハライズミ]
1965年、米国セント・メリー大学卒業(英語・哲学専攻)。エンサイクロペディア・ブリタニカ日本支社編集部勤務を経て、翻訳に携わる
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

シルク

25
何度も何度も読み返して、たくさん線を引いて、そんでもう手離しちゃって今手元に無い本なのだけど、「なんか、えがったな~」という吐息が、表紙を見ると出てくる。朽ちかけた、石づくりの城。廃墟のむこうに広がる紺碧の空。中世ヨーロッパの城での、領主とは? 奥方とは? 古くなったパンを切ったものを皿代わりとする食事、床にまく香り高い草。家令の手腕が問われる食糧の仕入れ、備蓄。鷹狩、鷹の世話……。廃墟で目を閉じ耳を澄ましてみよ、と著者はラストで言う。かつての城のざわめきが、時の彼方から聞こえてくるぞよ、と。2017/01/03

たみ

20
中世(5世紀/9世紀~15世紀頃)の城と、人々の暮らしについての本。とりあげられているのはおもに12世紀前後、ウェールズのチェプストー城を多く例にあげて解説しています。巻頭にチェプストー城の見取り図、本文中に図、写真入り。写真は黒色が濃いめ。当時の買い物リストや家令の仕事、家畜、食べ物、女性の活躍、騎士の誓約など、歴史や建築物に興味のある人だけではなく広範囲な読者が楽しめそう。ふせんを大量消費したけど、特に印象的だったのは2点。暖炉の登場で主従の距離感が変わった。窓ガラスは13世紀に登場し14世紀に普及。2014/11/15

歩月るな

16
『中世ヨーロッパの農村の生活』を内容は前後するが先に読んでいるので、城の生活と言ってもその領民の生活と切り離して考えることは出来るものではない事がわかる。あんまり評価されていないジョン失地王もこういう文脈だと結構頑張っていて面白い。城の奥方と関連してアルベルトゥス・マグヌスの『女性の秘密』なるものが引用されているが、当時はそうだったと理解しておく事が大切なのだという事。狩猟生活(貴族の)や武芸試合のフェス感。他のシリーズ本『都市の生活』『騎士』『家族』などもあわせて情報を統合させていく楽しみは尽きない。2018/09/20

花林糖

15
(図書館本)ウェールズ東南端のチェプストー城を例に、中世の城で生活する城主家族・農民・騎士たちのこと等が語られている。「住まいとしての城」「城の奥方」「村人たち」が特に面白かった。2016/02/25

鐵太郎

15
イギリス西部、セヴァーン川に合流するワイ川は、イングランドとウェールズの境界に当たります。このワイ川が大きく湾曲しながら北上する部分のウェールズ側に、チェプストー城があります。北緯51度38分39秒、西経2度40分30秒。この城を舞台に、歴史を追って当時の社会、生活、人々などを描いたのがこの本。こんな視点の本って好きです。2007/07/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/35947

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。