講談社現代新書
奪われる日本

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 188p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784061498532
  • NDC分類 304
  • Cコード C0231

内容説明

いま、危機にさらされる日本人の心とからだ、小馬鹿にされる礼節と思いやり。世界に類を見ない我が国固有の価値観。

目次

第1部 検証「平成の大獄」―郵政、そして医療(郵政―アメリカの狙いはなんだったのか;『年次改革要望書』はどう始まったのか;前自民党議員たちはなぜ反対したのか;医療―世界がうらやむ皆保険をなぜぶっ壊すのか)
第2部 節度も品格も無き時代―小泉治世の検証(M&A推進派はなぜ「日本」を売りたがるのか;悪徳業者はなぜ世に蔓延るようになったのか;談合はいつから犯罪になったのか;あなたはほんとうに訴訟社会を望んでいるか;日本政府は米国になにを「要望」しているか)
第3部 皇室の伝統をまもれ!(万世一系をなぜまもるのか;こどもたちは知りたがっている)

著者等紹介

関岡英之[セキオカヒデユキ]
1961年、東京都に生まれる。慶應義塾大学法学部卒業後、東京銀行(現・三菱東京UFJ銀行)に入行。証券投資部、北京駐在員事務所、国際協力銀行出向などを経て、約十四年間の勤務の後に退職。1999年、早稲田大学大学院理工学研究科に入学。建築家・石山修武氏の研究室に所属し、2001年、同修士課程を修了。著書に『なんじ自身のために泣け』(河出書房新社刊、第七回蓮如賞受賞)などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

『拒否できない日本』に続く問題提起!
真の国益を擁護するために。
●「年次改革要望書」による米国の圧力に屈しない
●かけがえのない至宝、国民皆保険を崩壊させない
●M&A推進派が売りたがる「日本」をまもれ!