講談社青い鳥文庫<br> 少年H〈下〉

  • ポイントキャンペーン

講談社青い鳥文庫
少年H〈下〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B40判/ページ数 461p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784061485914
  • NDC分類 K913
  • Cコード C8293

内容説明

中学校の軍事教官ににらまれ、殺されそうになったHは、教練射撃部に入部し、難を逃れようとする。その後、戦火はいよいよ身近にせまり、米軍の空襲は日本全国におよぶ。ある夜、ついに神戸が大空襲を受け、Hと母は、爆弾の雨の中を逃げまどう…。昭和20年8月15日、日本は敗戦を迎え、そこでHが見たものは!小学上級から。

著者紹介

妹尾河童[セノオカッパ]
1930年神戸生まれ。グラフィック・デザイナーをへて、独学で舞台美術家となる。現在では日本を代表する存在で、「紀伊国屋演劇賞」ほか多数の賞を受賞している。また、エッセイイストとしても、『河童が覗いたヨーロッパ』『河童が覗いたインド』などの大人気シリーズで知られている。著書多数。『少年H』は、著者初の自伝的小説で、毎日出版文化賞特別賞受賞作である

出版社内容情報

読み終わるのがおしい! 空前のおもしろさ中学生になったHの前に、戦争は空襲という形になって、はっきりと姿をあらわす! 逃げまどうHと母親。ついに敗戦を迎え、日本は激変する。そしてHは……  小学上級から