講談社青い鳥文庫<br> サンタクロース失踪事件

講談社青い鳥文庫
サンタクロース失踪事件

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B40判/ページ数 169p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784061484030
  • NDC分類 K943
  • Cコード C8297

内容説明

デパートのスポーツ用品コーナー主任、ベレブルグ氏が、12月のある夜、サンタクロースの衣装をつけたまま、すがたをけした。クレンツ警部は、おかしなことをいっているマイヤー氏と、この事件は関係がある―とにらんだ。事件のカギは、サンタクロースと大きな赤い指輪らしい。サンタクロースは犯人、それとも被害者。小学校中級以上向き。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

spell-miss

2
2017年クリスマス企画。サンタクロース役を何年も引き受けているベレブルグ氏がおかしな事件に巻き込まれる。これは探偵小説なのかという問は考えずに、童心にかえって読みましょう。サンタクロースなんていなかったんだと思い始めた頃に読んだら、あれ?やっぱりいるかもな?って思えたかもしれない。2017/12/24

やぎとら

0
舞台はドイツのクリスマスシーズン。サンタクロースに扮装したお父さんが会場に向かう途中、何者かに襲われてしまう。 探偵小説のイロハがちょいちょい登場する。コメディ要素たっぷりのファンタジーミステリーだった。 サンタクロースはコンピューターをあやつり、本部ではタッチパネルが登場するが、当時最新か夢だったツールが、今後過去の遺産になると思うと、ちょっとさみしい。2013/05/22

燈火

0
1997~1999年頃読了。楽しく読めました。

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/250565

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。