講談社の創作絵本<br> でんせつのきょだいあんまんをはこべ

個数:
電子版価格 ¥1,265
  • 電書あり

講談社の創作絵本
でんせつのきょだいあんまんをはこべ

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2022年07月04日 15時17分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A4判/ページ数 1冊(ペ/高さ 27cm
  • 商品コード 9784061324817
  • NDC分類 E
  • Cコード C8771

出版社内容情報

アリたちは、「あんまん」というロマンにすべてをかけた
『うんこ!』のサトシンと、『給食番長』のよしながこうたくが贈る、アリの世界のスペクタクル冒険活劇!

※5さい?一般まで

サトシン[サトシン]
著・文・その他

よしなが こうたく[ヨシナガ コウタク]
著・文・その他

内容説明

「あんまん」をまるごと運ぶ…。不可能に思える挑戦に、いのちをかけて挑んだ、アリたちの勇気と知力と努力の物語。

著者等紹介

サトシン[サトシン]
1962年、新潟県生まれ。広告制作プロダクション勤務、専業主夫、フリーのコピーライターを経て絵本作家に。作家活動の傍ら、コミュニケーション遊び「おてて絵本」を発案、普及活動に力を入れている。『うんこ!』で第1回リブロ絵本大賞、第20回けんぶち絵本の里大賞びばがらす賞、第3回MOE絵本屋さん大賞、第4回児童書担当者が選ぶ子どもの絵本大賞in九州大賞、第5回書店員が選ぶ絵本大賞受賞。大垣女子短期大学客員教授

よしながこうたく[ヨシナガコウタク]
1979年、福岡県生まれ。九州産業大学デザイン科卒業。18歳から作家活動をはじめ、イラストレーターとして国内外のさまざまな媒体の仕事を手がける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

グレ

76
古賀市立図書館でジャケ借り。なんだこの『テラフォーマーズ』感www やっぱりこうたく先生は面白い。なんと、福岡生まれのよしながこうたく先生は、読友がんぷ氏の出身大学の先輩であったか!歳も3つしか違わんし、学内で何度かすれ違うとるんじゃ!?!?※餌を巣穴に運ぶ働き蟻は、実際は全てメスです。2018/02/10

nakanaka

74
人間が落とした餡饅を自分たちの巣穴まで持ち帰るという話ですが、食料とはいえ蟻たちからすればあまりにも巨大過ぎます。多大な犠牲を払いながらもやり遂げる壮大なストーリーでした。絵の細部にもこだわりがあるようで楽しめましたが、絵の力があり過ぎて若干暑苦しさも感じました。笑2017/09/18

kimi

66
なんということでしょう\(^o^)/ストーリーも絵も期待以上でした!!とにかく、読んだ方が良いです。期待以上ですよ!というより、ラストがすごいんです! まさかまさかの…。読んだ方が良いです!2015/12/07

ゆのん

63
【絵本】この表紙の濃い目の顔のおっさん…アリなんです。 しかも、ただのアリでは無い。アリの勇者なんです。女王アリと長老アリから重要なミッションを受けたのです。ある日、空から降ってきた『あんまん』を巣穴に持ち帰る。しかも、そのままの姿で…。アリ目線のあんまんの巨大なことといったら。体の小さなアリでも、諦めずに力を合わせれば無理難題に思える事でも成し遂げる事が出来る。絵といい、ラストのオチといい子供が食い付きそうな絵本。大人の私もラストでは笑ってしまった。2021/10/22

mug

42
読み友さんの投稿で知ることができた一冊。 “伝説”の“巨大あんまん”😂 さらに、この絵😂 面白くないわけがない。 ある日空から白い物体が降ってきた。 アリの世界は なんだなんだと大騒ぎ。 長老によると『あんまん というもの』だそう。 そして… きょだいあんまんを運ぶための プロジェクトチームが結成された。 さぁ、無事巣穴へと運ぶことができるのか?😁 あんまん好きの子どもたちは、 「えぇ~っ?!」と、オチに期待通りの反応♡2022/04/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4032800

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。