地震・台風時に動けるガイド―大事な人を護る災害対策

個数:
電子版価格
¥1,540
  • 電書あり

地震・台風時に動けるガイド―大事な人を護る災害対策

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年05月21日 03時05分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 96p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784058019832
  • NDC分類 369.31
  • Cコード C2077

出版社内容情報

阪神淡路大震災は被災者として、地下鉄サリン事件は現場ナースとして救護にあたり、東北大震災ではレスキューナースとして現地に赴く。多くの災害に対してきた医療職であり、また防災の重要性を伝える第一人者として活動する著者が、護りたい人がいるあなたへ送るメッセージ。高齢化社会と介護に携わる人々、そして我が国ではもはやそこにある危険と言える地震と台風。この身近でリスクの大きい災害に対して、護る立場で何ができるかを紐解く。

目次
【第0章 護りたい人がいるあなたへ】
 大切な人を護るためには、まずは自分の足元を見てみよう
 そもそも、防災って何のためにするの?
 滑り止めシート1枚からでいい。ともかく動こう!
 護りたい人がいるあなたこそ、〝ええ感じの人〟であれ!
 普段からやっておけば、いざというときに自分も大切な人も護れる
 災害は怖い。でも、防災はおもろい 
NAO'S COMMENT 「助けて」を発信しよう。〝恩送り〟をし合おう

【第1章 家族を護る自宅の防災】
 備えのないまま被災すると、家はこうなる
 被災生活を乗り切るためのわが家の〝備え〟を確認する
 被介護者を置いてけぼりにしない。対策は家族みんなで
 使い回しやすいものを最大限活用する
 まずは1か所、滑り止めシート1枚から!
 ちょうどよい量を考えてストックする
 ▼ツジナオ流 備蓄品をチェック
 いざというときの連絡先リストをつくっておく
 自宅避難? 外へ避難? 判断基準を持っておく
 ライフラインが止まったら電源と水を優先して確保
 普通の日も食べたくなる防災メシで、心を豊かに
 衛生管理は感染症対策の要。清潔を保つ工夫を
 避難所は、事前に3か所以上チェックする
 いつ、どこへ、どう逃げるか、前もって決めておく
 防災リュックは、中身を普段使いするのが◎
 ▼ツジナオ流 防災リュックをチェック
 避難生活を乗り切るレジリエンスの高め方
NAO'S COMMENT 今時の防災情報はスマホで管理! おすすめ防災アプリ3選

【第2章 利用者を護る施設の防災】
 施設と利用者、そして自分を護るために必要なこと
 ADLの低い人から順次避難できるよう備える
 誰が行くのかを明確に。近隣の人たちの協力も必要
 被災時にどう連絡をとり合うかを決めておく
 被害を具体的にイメージし、防災グッズや備蓄を用意する
 できるところから防災仕様に変えていく
 防災訓練では、ものを実際に使ってみる
 《やってみよう1》レクリエーションに取り入れる
 《やってみよう2》職員の間で練習してみよう
 避難訓練は、なるべく具体的な状況を想定する

巻末付録●いざというときに慌てないために状況確認チェックシートを備えよう

内容説明

数多くの災害現場を見てきた防災のプロが“人に優しい防災”を提案!要介護者、高齢者、家族など大事な人をどう護る?介護に役立つ防災術が満載!

目次

第0章 護りたい人がいるあなたへ(大切な人を護るためには、まずは自分の足元を見てみよう;そもそも、防災って何のためにするの?;滑り止めシート1枚からでいい。ともかく動こう! ほか)
第1章 家族を護る自宅の防災(備えのないまま被災すると、家はこうなる;使い回しやすいものを最大限活用する;ライフラインが止まったら電源と水を優先して確保 ほか)
第2章 利用者を護る施設の防災(施設と利用者、そして自分を護るために必要なこと;ADLの低い人から順次避難できるよう備える;誰が行くのかを明確に。近隣の人たちの協力も必要 ほか)

著者等紹介

辻直美[ツジナオミ]
国際災害レスキューナース、一般社団法人育母塾代表理事。国境なき医師団の活動で上海に赴任し、医療支援を実施。帰国後、看護師として活動中に阪神・淡路大震災を経験。実家が全壊したのを機に災害医療に目覚め、JMTDR(国際緊急援助隊医療チーム)にて救命救急災害レスキューナースとして活動。現在はフリーランスのナースとして国内での講演と防災教育をメインに行い、要請があれば被災地で活動を行っている。2022年(令和4年)4月時点で看護師歴31年、災害レスキューナース歴27年。被災地派遣は国内29件、海外2件。レスキューナースの活動と並行して、「たった3秒で赤ちゃんが泣き止む」と話題の「まぁるい抱っこ」を提唱。子育てに悩む母親たちから絶大な支持を得ている。整理収納アドバイザー2級(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。