学研のヒューマンケアブックス<br> ヘン子の手紙―発達障害の私が見つけた幸せ

個数:
電子版価格 ¥1,527
  • 電書あり

学研のヒューマンケアブックス
ヘン子の手紙―発達障害の私が見つけた幸せ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年04月21日 09時21分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 144p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784058009147
  • NDC分類 916
  • Cコード C0037

出版社内容情報

「NHK障害福祉賞」を受賞した著者。周りとちょっと違う様子に“ヘンな子”と言われ、大人になって発達障害と向き合う姿を描く「NHK障害福祉賞」最優秀を受賞した著者。周りとちょっと違う様子に“ヘンな子”と言われ、違和感を抱いたまま進学・就職し挫折を味わう。大人になってから自らの発達障害に気づき、向き合い、折り合いをつけていく過程を描く。玉井邦夫先生の解説付き。

伊藤のりよ[イトウノリヨ]
著・文・その他

内容説明

幼い頃から“ヘンな子”と言われてきた著者。みんなと同じようにできない、どこかぼーっとしているという違和感を抱いたまま進学・就職し、挫折を味わう。出産後、子どもの発達障害とともに自らの発達障害を知ることとなる。自分と向き合い、折り合いをつけていく過程を描く。

目次

序章 今は「自分を大事にする」ことを練習中
第1章 幼い時から、自分で自分がわからなかった
第2章 責められて、自尊心が失われていく中で
第3章 ひきこもり生活から結婚、出産へ
第4章 過酷な子育てに疲れて
第5章 母子、3人の発達障害がわかる
第6章 私に必要なのは、裸の自分を知る闘い
第7章 明日を信じて生きる

著者等紹介

伊藤のりよ[イトウノリヨ]
子どもの発達障害の療育をする中で、自分自身にもあてはまることが多いと感じて診察を受け、30代で学習障害、自閉スペクトラム症と診断される。自分と夫に宛てた作文「ヘン子の手紙」が第51回NHK障害福祉賞で最優秀に選ばれる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。