文春学藝ライブラリー 思想 18
人間であること

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 368p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784168130731
  • NDC分類 159
  • Cコード C0195

出版社内容情報

「人間であること」「歴史主義について」「日本人と国家」など八つの講演に「徳の倫理と法の倫理」等二篇の論文を加えた碩学の肉声。

内容説明

日本を代表するギリシア古典哲学者である田中美知太郎が七〇年代に行った講演に、論文二篇を加える。人間性、歴史主義、国家、自由、科学と技術、教育といった根源的問題を明快な論理と平易な言葉で語り、ニヒリズムを越えて生きる指針を示した伝説の書。その言葉は古びることなく二十一世紀の我々を照射する。

目次

人間であること
人間の進歩について
人間の強さと弱さ
歴史主義について
自由の意味
日本人と国家
科学と技術
哲学の文章について
哲学にとって現代性とは何か
徳の倫理と法の倫理

著者等紹介

田中美知太郎[タナカミチタロウ]
1902年‐1985年。哲学者、西洋古典学者。新潟生れ。東京牛込に育つ。京都帝国大学でギリシア哲学を専攻。45年東京で空襲に罹災。重い火傷を負い生死の境を彷徨うが恢復。法政大、東京文理科大(のち東京教育大)を経て、戦後京都大学に迎えられる。日本西洋古典学会設立メンバー。65年退官。68年日本文化会議理事長。78年文化勲章受章。70~80年代、月刊「文藝春秋」で「巻頭随筆」をのべ6年以上執筆(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。