転生者オンム・セティと古代エジプトの謎 - 3000年前の記憶をもった考古学者がいた!

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 363p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784054038356
  • NDC分類 289.3
  • Cコード C0098

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

うめこ

1
これを読んでからエジプトに行けば良かった。2011/11/18

M.O.

0
元々転生については否定的な考えを持たないのだが、読む前に、三千年前の巫女としての記憶を持った女性、転生者、とあるとスピリチャルなイメージが先行していた。でも読み進めるうちにそれだけでは無い、オンム・セティの魅力にどんどん惹きこまれてしまった。考古学者としても認められているのだからなあ。ファラオとの時代を超えた愛も切ない。エジプトを愛したオンム・セティ。2015/02/08

YnariY

0
古代エジプトの歴史の中でも、 第18王朝、第19王朝の話が出てきて、 とてもワクワクしながら読みました。 真実は、どうなんでしょ? セティは否定してますが・・・。 個人的に、アマルナのことが知りたいです。 歴史から抹消されてしまった王に、 いったい何が起こっていたのか興味深いです。 他にいないのかな、古代の記憶を持っている人。2008/12/04

ametrine

0
古代エジプトの文明や神々、宗教。そして王と巫女の前世からの愛。オンム・セティとエジプトをもっと知りたいと思いました。2010/10/19

TARA

0
転生者であるという真偽の程は不明ですが、彼女のアドバイス通り遺跡が出たり、王の情景描写が一研究者の想像力だけでは補えないほど具体的でいきいきとしていたりと、色々と考えさせられる内容でした。個性的な彼女の前半生もなかなか興味深いです。2009/09/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/124477

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。