• ポイントキャンペーン

歴史群像新書
戦国繚乱記〈2〉天下争奪、柴田軍の進攻を阻止せよ!

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 242p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784054036727
  • NDC分類 913.6

内容説明

謀叛人・明智光秀を討ち取った柴田勝家は織田信忠の嫡男・三法師を担ぐことで天下を担うことを画策する。しかし勝家の野望を見抜いた徳川家康は、三法師の身柄をいち早くおさえるとともに、織田の後継の名乗りをあげた織田信雄と組んで勝家に対峙した。一方、真っ先に明智と戦い負けに等しい引き分けとなった羽柴秀吉は、宇喜多の援軍を得て息を吹き返すとともに、織田信孝を破り堺を手にした長宗我部信親に着目する。羽柴、宇喜多に、長宗我部、毛利を加えた西国同盟を手にすれば秀吉の勢力は強大なものになる。信長亡き後、戦乱の世を治め、天下を争奪するのは一体誰なのか。

著者紹介

河丸裕次郎[カワマルユウジロウ]
1969年、兵庫県生まれ。『御坊丸と弥九郎』で第12回歴史群像大賞奨励賞を受賞。『新織田戦記壱~肆』(歴史群像新書)にて作家デビューを果たす(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)