学研新書<br> 赤江瀑の「平成」歌舞伎入門

電子版価格 ¥616
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

学研新書
赤江瀑の「平成」歌舞伎入門

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 195p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784054034747
  • NDC分類 774

内容説明

四〇〇年の時を超えて、いまなお伝統芸能の頂点に燦然と輝く歌舞伎。平成の世を迎えて、一気に華やぎを放射するその魅力の正体を、確かな審美眼で独自の美学を紡ぎつづける作家・赤江瀑が説き明かす。

目次

第1の章 歌舞伎の正体(弱肉強食の野に棲む巨大な怪獣;群雄割拠する平成歌舞伎)
第2の章 獅子の孤独(欲望という闘身に潜む空洞;役者の「土台」;魔法のような神通力の宇宙)
第3の章 歌舞伎の宝石(名優たちの去った野の後の光景;飽くなき女形たちの古典への食欲;色悪考)

著者紹介

赤江瀑[アカエバク]
1933年、山口県下関市生まれ。日本大学芸術学部演劇科に在学中より、詩作、脚本などを手がけ、70年、「ニジンスキーの手」で第15回小説現代新人賞を受賞。74年に『オイディプスの刃』で第1回角川小説賞を受賞。83年に『海峡』と『八雲が殺した』で泉鏡花文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)