• ポイントキャンペーン

歴史群像新書
続 関ヶ原〈4〉佐和山遙かなり

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 243p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784054031821
  • NDC分類 913.6

内容説明

西軍・石田三成と、東軍・徳川家康の戦いは全国に広がり、東北では直江兼続率いる上杉軍が最上・伊達連合を、九州では毛利秀包ら鎮西方面軍が黒田如水、加藤清正を打ち破り、戦況は西軍優勢に進んでいった。そして、信濃でも、上田城を守る西軍の真田幸村と、東軍の前田利長の戦いが幕を開けた。一方、真田昌幸、毛利秀元の活躍で、関ヶ原後の二度の決戦に勝利した三成は、家康を追い詰めるべく行軍を始めていたが、家康はこの軍を討つために全兵力を結集させていた。関ヶ原から始まった壮大な戦い、三成と家康の運命の戦いは、いよいよ最終決戦へと動き出した。

著者紹介

村田昌士[ムラタショウジ]
1967年、神奈川県生まれ。『真田異戦記』にて第9回歴史群像大賞佳作受賞。現在、歴史分野を中心に執筆活動を続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)