看護学博士のつくり方、活かし方―楽しく看護する

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 146p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784051523251
  • NDC分類 492.9
  • Cコード C3347

目次

「看護師」への歩み
修士課程から看護学博士国産第一号へ
現在に至るまで
看護学修士・博士を育ててみて
看護理論と看護研究
私が大切にしているもの
現在進行形の看護

著者紹介

黒田裕子[クロダユウコ]
1977年徳島大学教育学部特別教科(看護)教員養成課程卒業。北里大学病院脳神経外科病棟、聖カタリナ女子高等学校衛生看護科・専攻科、日本赤十字社医療センター脳神経外科勤務を経て、聖路加看護大学修士課程修了(看護学修士号取得)後、日本赤十字中央女子短期大学講師を勤め、1988年聖路加看護大学大学院看護学研究科博士後期課程に入学。1991年同大学大学院修了(看護学学術博士号取得)、同年より東京医科歯科大学医学部保健衛生学科看護学専攻・助手(学内講師)として勤務。1993年より日本赤十字看護大学助教授、1995年同大学教授として勤務。2003年4月より北里大学看護学部教授および大学院修士課程・博士後期課程に2004年4月より新設されたクリティカルケア看護学教授として勤務(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)