電撃文庫<br> セピア×セパレート―復活停止

個数:
電子版価格
¥792
  • 電書あり

電撃文庫
セピア×セパレート―復活停止

  • ウェブストアに7冊在庫がございます。(2024年05月28日 00時31分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 390p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784049153873
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

3Dバイオプリンターの進化で、バックアップから生命を再生できるようになった近未来。世界最先端のテックカンパニーで働くエンジニア・園晴壱(その はるいち)は、突然の異動辞令を受けた直後──意識を失った。
 その後バックアップから〈復元〉されて目覚めた晴壱は、なぜか死亡直前の記憶を喪失していた。そのため面会に訪れた保険調査員を名乗る謎の美女・殿森空(とのもり うろ)より、保険金詐欺として多額の債務返済を迫られる。さらに時を同じくして、全人類の記憶のバックアップをロックするという前代未聞の大規模テロが発生。晴壱はその主犯としてまさかの指名手配を受ける。双方の打算から空と手を結んだ晴壱は、身に覚えのない容疑を晴らすため自らの死の真相の解明に挑む。

内容説明

3Dバイオプリンターの進化で、バックアップから生命を再生できるようになった近未来。世界最先端のテックカンパニーで働くエンジニア・園晴壱は、突然の異動辞令を受けた直後―意識を失った。その後バックアップから“復元”されて目覚めた晴壱は、なぜか死亡直前の記憶を喪失していた。そのため面会に訪れた保険調査員を名乗る謎の美女・殿森空より、保険金詐欺として多額の債務返済を迫られる。さらに時を同じくして、全人類の記憶のバックアップをロックするという前代未聞の大規模テロが発生。晴壱はその主犯としてまさかの指名手配を受ける。双方の打算から空と手を結んだ晴壱は、身に覚えのない容疑を晴らすため自らの死の真相の解明に挑む。

著者等紹介

夏海公司[ナツミコウジ]
兵庫県出身。2007年『葉桜が来た夏』で電撃小説大賞に入選(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よっち

40
バックアップから生命を再生できる近未来。世界最先端企業で働くエンジニア園晴壱が、全人類の記憶のバックアップをロックする前代未聞の大規模テロの犯人にされる近未来SF小説。突然の異動辞令を受けた直後に死亡し、保険調査員の殿森空に保険金詐欺を疑われる晴壱。そこからテロの主犯とされ空と一緒に逃亡しながら真相を探る日々。やがてそれは晴壱がかつてエンジニアを目指すきっかけとなった天才少女の謎に繋がる展開で、敵か味方か何を信じればいいのか難しい状況でしたが、それを乗り越えて垣間見せてくれた結末はなかなか面白かったです。2024/01/11

鮫島英一

32
電源文庫での出版は少し勿体ない(失礼)くらいのSF作品で、早川書房から発売しても不思議ではない。専門知識とか技術知識が多い方が好みだしSF的だと思うが、その辺を多少緩めているから電撃文庫なのだろう。そういえばユア・フォルマも電撃文庫。電撃文庫に対するSF評価を上方修正しないと。ジャンル的にはパニックサスペンスSFというのだろうか? 僕は攻殻機動隊に似てると思ったが、ハーモニーに似ていると指摘されている方もいましたね。なるほど、この方が的確な指摘だ。SF好きは是非手に取って欲しい一冊です。2024/02/11

日坂愛衣

21
まさかそんなガチなSF作電撃で出るのは思わなかった。セピアの設定はかっこいい過ぎる。そして晴壱とウロの”冒険”も終始ドキドキしながら読みました。この二転三転の展開には屈伏しかない。人とはなんですか、命とはなんですか、本当に色んな物が詰める一冊と思う。そして一番驚くのは最後の結末、まさかこれの続きがある?期待する。2024/01/18

和尚

20
傑作でした。何度「えっ?」って思ったことか。 次なるスマートデバイス、イヤホン型のパッズという入りからのその先、展開に次ぐ展開、序章からもう既にやばいです、引き込まれてあとは持っていかれるのみでした。 読み終わって本当に一冊だったのかという感覚。 めちゃくちゃ面白いので、ただ読んでみてくださいとだけ。 おすすめです!2024/01/15

活字スキー

18
【それでは、いつまでも人類は肉体の軛から逃れられない】テクノロジーが驚異的な進化を遂げて人体そのもののスマート化が普及した近未来で、その根幹を揺るがす大事件の首謀者とされてしまった主人公。ラノベ畑から良質なSFを届けてくれる著者の新作も、これまたよくラノベレーベルで出したなと感心するほどがっつりSF。SFが強すぎてラノベとしてはキャラが弱く、表紙の儚げな女の子二人の百合ん百合んな展開を期待してはいけない。まあ、物語的にも伊藤計劃『ハーモニー』のイメージはあるだろうけど。2024/02/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21694260
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。