電撃文庫<br> 魔法少女ダービー〈2〉

個数:
電子版価格 ¥748
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

電撃文庫
魔法少女ダービー〈2〉

  • ウェブストアに6冊在庫がございます。(2022年08月10日 10時52分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 269p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784049143492
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

【『魔法少女まどか☆マギカ』新房昭之監督 推薦!】
【未来をかけた、衝撃の魔法少女ゲーム第2巻】

 バッドエンドを回避するため、ノゾミが用意した二周目の世界。

 ここでホノカがやるべきことは二つ。

 一つは、母である高坂花翠と、父・椎名月人の仲を深め、自分の生まれる未来を確定させること。
 もう一つは、この世界に潜伏する、前回の黒幕を探し出し、消し去ること。バグは形を変え、日常に潜んでいる……。

 一周目のアドバンテージを生かし、しばし平穏な日常を甘受するホノカ。懐かしい母との再会、そして変わらない父の存在。

 だが、些細なズレから物語はレールを外れ、軋みを上げ始め、そして少女を全く知らない結末へと導いていく――。
 予測不可能。疾走の第二レース、開始。

内容説明

バッドエンドを回避するため、ノゾミが用意した二周目の世界。ここでホノカがやるべきことは二つ。一つは、母である高坂花翠と、父・椎名月人の仲を深め、自分の生まれる未来を確定させること。もう一つは、この世界に潜伏する、前回の黒幕を探し出し、消し去ること。バグは形を変え、日常に潜んでいる…。一周目を経たアドバンテージを生かし、しばし平穏な日常を甘受するホノカ。懐かしい母との再会、そして変わらない父の存在。だが、些細なズレから物語はレールを外れ、軋みを上げ始め―少女を全く知らない結末へと導いていく。予測不可能。混迷の第二レース、開始。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

星野流人

41
バッドエンドに終わった1巻を覆すため、2周目の物語に臨む第2巻。前巻かなりシリアス展開で終わっていたので、序盤から中盤にかけてコメディパートがあったのはちょっと意外でした。双子のナナとレナはようやくそれぞれの個性が見られて、良かったです。軽い性格のレナは特にかわいかったですね。クライマックスに突入してからは一気におもしろさが加速していきました。終わってみるとかなりロジカルな作品で、あちこちに伏線があったことが分かります。話は一段落ですが、魔法少女のレースとしてはまだ終わっていないので、続くのかしら……?2022/06/07

しぇん

15
派手な話なのか地味な話なのか判断に迷うところです。壮大な話なんでしょうか、やってることは地味な感じが。まぁ一巻からうまく引き継いで話進めてきたのは流石ベテランの先生というところでしょうか2022/05/01

rotti619

12
あの衝撃のバッドエンドから2周目。ホノカだけが運命を知る状態で再スタート。一見順調そうだが、少しずつ何かが違う。その歪みから最後は…というお話。今回も衝撃のラストが待っている。1巻からのも含めて張られた伏線が極めて複雑だが、今回も2回読むとスッキリする。ダービーとは血筋の勝負というのを上手く掛け合わせていた。1巻から読み直したが、椎名の人格が微妙に異なる理由が、実は本人の言う通りホノカのせいだったというのが興味深い。この辺本当に上手く、タイムリープくらいで運命は簡単に変えられない、そんな説得力があった。2022/04/11

リク

10
だいぶ記憶が薄れてたけど、エンディングまでしっかりと楽しめた。二周目に突入したホノカが運命を変えるために立ち回る。一周目の行動との差異をつくり、それのどこまでが作為的で、どこまでが蝶の羽ばたきなのか曖昧なまま進める。タイムパラドックスや因果律を絡めて、読者へ考える余地を残しているのが上手いなと。色々考えながら読んだものがつながる爽快感があった。2022/05/06

真白優樹

8
二周目の世界へ飛んだホノカの新たな戦いが始まる中、世界がズレ始める今巻。―――全ては仮定と願いの上、そこにあるのは君の思い。 前巻にも増してミステリーな空気が高まる今巻。二周目の世界が一周目の世界とズレ始める中、それぞれの思いが巡り即興が激突する、全てが流転した先に真実が明らかになった時、思わず息をのむかもしれぬ、二度読みたくなる巻である。ここから始まる真のダービー、望むのは己が生まれる未来。果たしてこの先、ここから始まるダービーはどんな激突を繰り広げていくことになるのだろうか。 次巻も読みたいものである2022/04/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19470850

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。