電撃の新文芸<br> クラス最安値で売られた俺は、実は最強パラメーター

個数:
電子版価格 ¥1,320
  • 電書あり

電撃の新文芸
クラス最安値で売られた俺は、実は最強パラメーター

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年02月26日 09時06分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 260p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784049135350
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

クラスメイトもろとも別世界に飛ばされた少年・勇太。そこは、人が内包する特殊な力「ルーディア」で「魔導機」と呼ばれる人型機械を運用している異世界で、値の高い傾向にある地球人を召喚し、使役していた。多くの仲間たちが高値で買われていく中、勇太のルーディア値はたったの“2”…。「最安値」で買われ、奴隷に身をやつす勇太だったが、しかし白き魔導機『アルレオ』との出会いが彼を強者へと覚醒させ―!?クラス最安値の奴隷から、世界を揺るがす最強の英雄となる新生異世界メカバトルエンタメ開幕!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

こも 零細企業営業

17
タイトルで敬遠してたけど、カクヨムで10話ほど読んだら中々に過酷だけど諦めない主人公の姿勢が面白いから購入してみた。いきなり異世界に拉致されて、数値を調べられて、その数値を根拠にオークションに掛けられて各国に売却される。そんな中で数値がゴミクズのような結果ぎ出た主人公は奴隷商人に奴隷として過酷な労働に従事させられたが、鍵に触ると開いたので懐いてくれた娘と逃亡。その後、職を探すも船の奴隷として騙されて捕まるが、着いた先でボーナスが出て逃亡して、職を探すと呪われた身体の子供の相手をする仕事に就いて一息つく。2021/11/07

4
なんか原石を囓っているような気分になった。タイトル通りのスタートで、なんだかよくわからないままマシンを動かして戦っていく。無茶苦茶強いけれども、しかしまだまだ波乱は多そうだ。正直テンポが良すぎどころか簡略化さるすぎてないかとも思うけれども、ただ展開自体は好みなんですよね。アクション性の強さとかから思うに、メディアミックス(漫画化)したらこの物語はかなり世間様にも受けるかも。そこらへんが原石だなあと思う部分でもあるのだけれども。悪くない。2022/08/18

ぎゃばん

1
kindle unlimited2023/10/15

にっし〜

1
★★★⭐︎⭐︎2021/10/15

Ray Mat

0
ファンタジー系ロボット物&異世界転移無能錯誤系 脇キャラへの視点推移が非常に判りづらいので、唐突な状況変化に「なんだこりゃ」となる。 主観者の名前が出てくるまで毎度そんな感じ。 主人公の恩人がアッサリ死ぬが、主人公も恩人の娘も衝撃を受ける様子もなく、一応仇を伐つと宣言する予定調和的展開 俺達の冒険はここからだ的終わり方で本当にコレ続くのかな?2021/01/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17236667
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。