電撃文庫<br> 三角の距離は限りないゼロ〈5〉

個数:
電子版価格 ¥693
  • 電書あり

電撃文庫
三角の距離は限りないゼロ〈5〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年12月02日 18時03分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 266p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784049131833
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

 一人の中にいる二人の少女、「秋玻」と「春珂」。僕は自分を助けてくれた彼女たちと、ある約束を交わした。
 それは「二人に同じだけ恋する」ということ。デートで、部室で……次々と交わされる、胸を焦がすような甘いやりとりに、僕はおぼれていく。
 でも……心のどこかで警報が鳴っている――このままでは、いけないと。
 焦って空回った僕は、憧れの大人達と触れ合っていくなかで、いつしか理解していく。モラトリアムの終わりを。僕がするべきこと。しなければ、いけないこ
とを。
 僕と彼女と彼女が紡ぐ、切なく愛しい、三角関係恋物語。

内容説明

一人の中にいる二人の少女、「秋玻」と「春珂」。僕は自分を助けてくれた彼女たちと、ある約束を交わした。それは「二人に同じだけ恋する」ということ。デートで、部室で…次々と交わされる、胸を焦がすような甘いやりとりに、僕はおぼれていく。でも…心のどこかで警報が鳴っている―このままでは、いけないと。焦って空回った僕は、憧れの大人達と触れ合っていくなかで、いつしか理解していく。モラトリアムの終わりを。僕がするべきこと。しなければ、いけないことを。僕と彼女と彼女が紡ぐ、切なく愛しい、三角関係恋物語。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よっち

48
秋玻と春珂の二人と「二人に同じだけ恋する」と約束を交わした矢野。二人との関係に溺れながらも果たしてこれでいいのかと逡巡する矢野が、進路選択の問題に直面する第五弾。秋玻・春珂との甘い日々と明かされる過去、そして周囲が目標を見据える中で一人だけ出遅れて焦燥を募らせてゆく矢野。お互い負けられない二人の積極性も目を引きましたが、何より失恋探偵コンビの関わりが心境の変化をもたらしてゆく進路問題のエピソードが良かったですね。二人との関係もまた転機を迎えそうで、続巻でどのように盛り上げてゆくのかこれからまた楽しみです。2020/05/09

ひかはる

41
三人の関係が大きく動いた巻、今回も最高に好き… これから矢野はどう選択するのか、期待も不安もあってドキドキする… ちょうど高校生じゃなくなったこのタイミングでこの話はかなり来るなぁ。制服に身を包んで進路も何も決まらない状態で不安定で純粋でどこか不純な恋愛をする、なんて経験はもう出来ないんだなぁって。2020/05/09

まるぼろ

30
さて今巻、秋玻と春珂の「二人に同じだけ恋する」と言う約束を交わした四季だったが、どこか心に無理を重ねていて、やがてそれは進路の話も相まって…と言うお話です。周りがしっかりした将来の夢を持っているのを目の当たりし、秋玻と春珂の事も含めて何も自分で決められずにいる事に焦燥を覚えた矢野がひたすらに答えを欲しがってしまうのは仕方の無い事かなとも思えました。そしてそんな矢野にアドバイスを与えた九十九先輩は…、大人になったんですねぇ…w そして心に余裕を取り戻した矢野に二人が出した結論は…、次巻も楽しみです。→2020/05/15

星野流人

28
めちゃくちゃエロかったです。……あ、いや、絶対最初に言うべき感想はそれじゃないんですけど、読めば分かるので言いますがめちゃくちゃエロかったです。ラノベでちゃんとエロくて俺は嬉しい。 今回の物語は進路に関する物語。秋玻や春珂を含む仲間たちとは異なり自分の進路を決めかねている矢野くんが、職業体験を経て大事なことに気がつくストーリー。 恋愛面はというと、これまでなあなあ状態だったところから、秋玻/春珂との距離も急接近してきたところでいよいよ最後の取り合いがスタート。二重人格の彼女の恋物語がどう決着するか楽しみ2020/05/18

中性色

27
そろそろ四角どころか五角では。あとがきにもあるように前巻の最後の方もあってか踏み込んだ内容が多くなってきている印象かな。どちらかというと初期の色合いの方が好みだったかな。そういう意味では、編集の話や元主人公組の方が注目度高いかな。しかし、このオチとしてどっちも残るのかと血らかが残るのかにも焦点があたるのかな2020/05/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15768965

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。