電撃文庫<br> AGI-アギー Ver.2.0 バーチャル少女は踊りたい

個数:
電子版価格 ¥715
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

電撃文庫
AGI-アギー Ver.2.0 バーチャル少女は踊りたい

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2022年08月10日 11時12分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 308p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784049130119
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

ピュアなバーチャル少女が紡ぐ、ハートウォーミング・ラブコメ、再び!

内容説明

ピュアなバーチャル少女が紡ぐ、ハートウォーミング・ラブコメ、再び!人類史上初の“強いAI”バーチャル少女・アギが世界を震撼させた出来事から数ヶ月後。大学2年目の春を迎えた西機守は、リセットされたアギが前の記憶を引き継いでいることを未だ周囲に明かさずにいた、そんなある日―。「私と一緒に、もう一度ブイチューバー・アギを売り出そうよ」伝説のブイチューバー・アギに憧れ、自らもブイチューバーとして活動するお騒がせ意識高い系新入生・仙宮鏡。彼女の勧誘を受けたアギが再デビューしたいと言い出して!?もうあんな悲劇は起こさない―反対する守の意志に反して拒絶を示したアギ。すれ違う二人の思い。そして再開されたブイチューバー活動の行方は…?

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

まっさん

25
★★★☆ 一巻がとても素晴らしい終わり方だったので、二巻の刊行が決まった段階から蛇足感溢れる物語にならないか少し心配していたのがもろに的中したと感じる今巻。今巻単体で見ると十分面白いと思うが、「AGI」というシリーズで見た時にこの話の流れは個人的に微妙だったと思う。今巻に関していうならば、前巻であまり触れられなかったvtuber関連の話。今巻から登場した新キャラがあまり好みでなかったというのも影響して序盤は少し読み進めるのが辛かったが、中盤以降彼女の信念が明らかになり、ある程度印象が変わったところで苦→2020/05/25

中性色

14
鮭。別に誰とは言わないが、たぶん形式的に同じ編集の人なんだろうけど、1巻でいい感じに終わった作品に限って続きだして有耶無耶にダメにするの何なんだろう。自我を持ったAIとのすれ違いを描く方向性に持ってくのかと思ったけど、序盤の体制を中盤以降あっさり覆すし、前巻あんなになったのに再度Vtuberになることに誰も疑問も不安も擁かないのもおかしすぎるだろうよ。いっそのこと川嶋さんとのラブコメ及びAIを含めた三角関係的な話でもよかったんじゃないかな2020/04/28

真白優樹

12
進級した二年目の春、守がアギの秘密を明かせずにいる中、新入生がアギを再デビューに誘い、守とアギがすれ違ってしまう今巻。―――幸せを踊れ、本当に自分がやりたい事と共に。 また同じ悲劇を繰り返してしまうのか、だとしてもまたあの世界に送り出すべきか。純真なアギが初めて守とすれ違い、それでも自分の願いを探し、その姿が守を成長させる心温まる温もりが更に増える、優しくて何故か泣ける度合いの高まる巻であり、前巻を楽しまれた読者様ならきっとお楽しみいただける筈の巻である。笑顔の先、夢の続きとは。 勿論次巻も楽しみである。2020/04/14

TERU

9
待望の第2巻! 今巻は1巻では薄かった、Vtuberの話が前編通して描かれました。 1巻の世界規模の話から大分こじんまりとまとまっていた。これはこれで面白いのだが、1巻の面白さを期待して読むと少し違うのかもしれない。2020/05/09

げんごろう

7
“弱くなった強いAI” 過去の自分と比較し葛藤するアギ、過去の失敗を繰り返したくない守。 互いを大切に想うが故にすれ違う二人……。 途中、読んでいて辛い場面もありましたが、困難を乗り越え、前へ進む彼らの強さに感動しました。 やっぱりアギには笑顔が良く似合いますね!2020/04/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15574930

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。