電撃文庫<br> 三角の距離は限りないゼロ〈4〉

個数:
電子版価格 ¥693
  • 電書あり

電撃文庫
三角の距離は限りないゼロ〈4〉

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年09月28日 19時52分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 269p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784049128000
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

 一人の中にいる二人の少女、「秋玻」と「春珂」。二重人格の彼女たちと触れ合ううち、僕らの中で始まった恋は――ある日、唐突に終わりを迎える。
 そして……。

 ――そして彼は、変わってしまった。
 だから、わたしは、わたしたちは動き出す。出会った頃の「彼」をもう一度、取り戻すために。すれ違いの修学旅行のなかで、わたしたちは彼を、矢野くんを、わたしたちの想い人を、追いかける。
 そう――たとえ、わたしたちがもう、恋人ではないとしても。
 わたしとわたしと彼が紡ぐ、切なく愛しい、三角関係恋物語。

内容説明

一人の中にいる二人の少女、「秋玻」と「春珂」。二重人格の彼女たちと触れ合ううち、僕らの中で始まった恋は―ある日、唐突に終わりを迎える。そして…。―そして彼は、変わってしまった。だから、わたしは、わたしたちは動き出す。出会った頃の「彼」をもう一度、取り戻すために。すれ違いの修学旅行のなかで、わたしたちは彼を、矢野くんを、わたしたちの想い人を、追いかける。そう…たとえ、わたしたちがもう、恋人でないとしても。わたしとわたしと彼が紡ぐ、切なく愛しい、三角関係恋物語。「このライトノベルがすごい!2019」(宝島社刊)文庫新作部門第3位。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

よっち

46
秋玻と別れてからすっかりらしさを失ってしまった矢野。そんな中迎えた修学旅行で彼を取り戻すため、秋玻と春珂が決意を固める第四弾。これまで知り合ってきたキャラたちも交えた修学旅行は、最初秋玻や春珂の思うようにはいかず若干空回り気味でしたけど「読者と主人公と二人のこれから」の二人がいい感じに効いてましたね。仲間に背中を押されて向かった思い出の場所。そこで明かされた矢野の複雑な想いに覚悟を見せたことで停滞していた関係を変えられるのか。これからもまだいろいろありそうですが、今後の展開が改めて楽しみになってきました。2019/11/09

むっきゅー

39
物語全体のうち、前半と後半の橋渡しのような回。前巻最後に秋玻から別れを告げられた矢野が魂が抜けたような状態になり、それを治そうと春珂と秋玻が関西での修学旅行で頑張る。周りのみんなは事情を知らないので、秋玻たちの思いを余所に振り回す展開にイライラさせられたが、最後はみんな協力的になったのがよかった。次巻からは後半戦で、いよいよ物語の核心にせまるようで楽しみです。2019/11/29

中性色

34
グレースケール。今回はあとがきにもあるようにつなぎの巻ともいえるか、今回はヒロイン側の描写が多めだったからか普段と雰囲気違うな。一応旧キャラも含めていろいろいるんだけどそのせいか唐突なOmochiさんに違和感というか。いや、前からいたけども一人だけ完全に横文字だし2019/11/13

まるぼろ

32
さて今巻は修学旅行のお話。秋玻に別れを告げられて終わった文化祭から終始上の空な状態になってしまった四季を気に病んでいた秋玻/春珂達だったが、そんな中で修学旅行が始まり…と言うお話です。今巻で秋玻が自分の事を重たい女だと繰り返し自虐していましたが、ラスト付近でのあの取り引きはそんな秋玻を象徴している様な思いで読んでいました。それによって四季も少しはらしくなったものの、果たしてあの取り引きにあった様な関係が続けられるのか、春珂の入れ替わりの時間がどうなるかのかも含めて次巻以降が気になります。2020/01/30

サン

23
シリーズ四冊目。修学旅行編。前巻のあとから矢野の様子がおかしくなった理由を探ろうとするはるかとあきは。結構2人が身勝手だった。2020/01/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14642454

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。