真夜中乙女戦争

個数:
電子版価格 ¥1,404
  • 電書あり

真夜中乙女戦争

  • ウェブストアに683冊在庫がございます。(2018年08月20日 22時43分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 312p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784048962414
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0095

内容説明

20XX年12月25日未明―東京は、あと一分で終わる。愛していると言えないうちに。

出版社内容情報

東京は、あと一分で終わる。愛していると言えないうちに―。愛って、なんだ。永遠って、なんだ。眠れない夜は、どうすればいい。
この退屈は、虚しさは、どうすればいい。
どうせ他人になるのに、どうして私たちはどうでもいい話をしたがるのだろう。

どうせ死んでしまうのに、どうして今こうして生きているんだろう。
死ぬまでに本当にやりたかったことって、一体なんだったのだろう。

この春、青春小説史上、恋愛小説史上、犯罪小説史上、
最高に過激で孤独、そして正しく、美しい夜更かしが始まる。

著書累計、20万部突破。この一冊が、すべての絶望を紙屑にする。

         ***

友達はいない。恩師もいない。恋人もできない。好きな人の好きな人は私ではない。夢も趣味も特技もない。InstagramもTwitterもYouTubeもくだらない。なにもかもが眩しく、虚しく、どうでもいい。
東京で一人暮らしを始めた大学一年生の「私」は、夜になっても眠ることができない。やりたいこともなりたいものもなく、無気力な日々の中、「私」はサークルに入り冷酷で美しく聡明な「先輩」と出会う。しかし彼女一人を除いて誰とも馴染めず、すぐそのサークルとも疎遠となる。そんな「私」を唯一潤わしたのは、毎晩のように東京タワーの近くまで歩いて行き、毎晩のようにタワーだけを眺め続ける、そんな無意味な行為だけだった。 講義にもサークルにも行かず、散歩をするか、あるいは図書館で勉強を続けるだけの生活に半ば絶望していた夜、図書館横の喫煙所に佇んでいると見知らぬ男が「火、ある?」と声を掛けてきた。
この男との出会いが、これから起こることのすべて―悪戯、銅像破壊工作、大学破壊工作、暴動、そして東京破壊計画―つまり、最悪の始まりだった。一方、「私」と「先輩」の距離はだんだんと接近していく……。


第一章 星にも屑にもなれないと知った夜に
第二章 携帯を握り締めても思い出はできない
第三章 誰でもいいから傷つけたかった、傷つけられたかった
第四章 君も一人かと夜は言った
第五章 愛は脅迫状
第六章 寂しいって言ったら死刑になる星で
第七章 悪い恋
第八章 美しくない街の、美しくない夜の、美しい私たち
第九章 ふたりきりにはなれないふたり
第十章 おまえに好かれるために生きてる訳がねえだろ
第十一章 七号館のテロリスト
第十二章 真夜中乙女戦争開始宣言
第十三章 ヴィヴィッド・ピンクの悪意と愛を込めて
第十四章 狂
第十五章 「愛していない、愛していない、愛していない」
第十六章 絶望はサンタクロースのように
第十七章 夜が明けるまでに愚か者どもが告げるべき愛は




F[エフ]
著・文・その他

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件