電撃文庫<br> ガーリー・エアフォース〈9〉

個数:
電子版価格 ¥671
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

電撃文庫
ガーリー・エアフォース〈9〉

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年09月21日 21時11分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 264p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784048938754
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

対ザイ戦線異常あり! 日露アニマ共闘の美少女×戦闘機ストーリー第9弾! 圧倒的な戦闘力を持つ謎の飛翔体・ザイと、美少女の姿をした兵器・アニマを擁する人との戦いは、グリペンの中に眠っていた「記憶」の解明をきっかけに新たな局面を迎えようとしていた。
 しかし次なる作戦地、ベトナムで慧とグリペンを待ち受けていたのは、かつて死闘を繰り広げたロシアのアニマ、Su-27のジュラーブリクたち。共同で作戦を遂行する計画だというが、因縁ありまくりの両陣営はたちまち一触即発の雰囲気に。日露アニマの呉越同舟ですんなりミッションコンプリートといくはずもなく!?
 世界規模の戦いに向かう、美少女×戦闘機ストーリー第9弾!

夏海 公司[ナツミ コウジ]
著・文・その他

遠坂 あさぎ[トオサカ アサギ]
イラスト

内容説明

圧倒的な戦闘力を持つ謎の飛翔体・ザイと、美少女の姿をした兵器・アニマを擁する人との戦いは、グリペンの中に眠っていた「記憶」の解明をきっかけに新たな局面を迎えようとしていた。しかし次なる作戦地、ベトナムで慧とグリペンを待ち受けていたのは、かつて死闘を繰り広げたロシアのアニマ、Su‐27のジュラーヴリクたち。共同で作戦を遂行する計画だというが、因縁ありまくりの両陣営はたちまち一触即発の雰囲気に。日露アニマの呉越同舟ですんなりミッションコンプリートといくはずもなく!?世界規模の戦いに向かう、美少女×戦闘機ストーリー第9弾!

著者等紹介

夏海公司[ナツミコウジ]
兵庫県出身。2007年『葉桜が来た夏』で第14回電撃小説大賞“選考委員奨励賞”を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

よっち

34
次なる作戦地、ベトナムで慧とグリペンを待ち受けていたのは、かつて死闘を繰り広げたロシアのアニマ・ジュラーブリクたちとの共闘。それぞれの思いがぶつかりあう第九弾。正直なところ理論的な部分は読んでいてうんわからん的な感じになりつつありますが、かつて敵対していたジュラーブリクたちとの一触即発な雰囲気から、お互いが抱えている思いを知ったことによって、大切なもののために手を取り合い共闘し、苦しい状況を乗り越えてゆく展開はなかなか良かったです。ハイパーゼロとかトウェルブもいい感じに効いてました。続巻も期待しています。2018/07/07

活字スキー

25
前巻が一年以上もブランクがあった上に正直残念な内容で随分と盛り下がってしまってたのが、今回でだいぶ盛り返した。グリペンの周回プレイデータを積極的に活用することで戦況を変えられるかと思った矢先、敵側も新たな手を繰り出してくる。因縁のロシア勢との共闘、毎度おなじみの無茶な突貫作戦。クライマックスも近づいてきたこのタイミングでアニメ化らしいが、カラフルヒロインズも空中戦もアニメ映えすると思うので頑張ってほしい。とりあえずは本編を、次は年内になるはやで、ダラけることなく一気に畳んでくれることを願います。 2018/07/08

ばたやん@かみがた

21
正多面体がどうとか、次元歪曲を利用して敵のコアを叩くとか、敵味方の目論みもそれを成り立たせている原理の説明もさっぱりわからん。それでも終局間近にあるらしいことが何となく感じ取れる。世界の命運がグリペン・慧の手中に委ねられていることは、ループの記憶から大体判るが、二人の特攻エンドなんてことは回避して欲しい。2018/09/09

まるぼろ

20
さて今巻はロシアのバーバチカと共闘してのアンフィジカルレイヤー内での作戦行動及びパクファの救出がメインのお話です。前に激しくドンパチやりあった上に自国最優先なロシア側との共闘だっただけにどうなるかと思いましたが、グリペンとジュラーヴリクとの記憶の共有や諸々な展開でとても面白く読めました。まだ慧が焦りだすと視野狭窄に陥ったりなど未熟な面もありますが、終盤のラーストチェカとの喧嘩のシーン等も含めて人間性があってそれもまた良しかと。他にも今巻は爆弾関係で機転を利かせた話があったり、→2018/07/20

たこやき

20
グリペンがやっていたことが判明したわけだけど、ここにきて、ザイの側の思わぬ反抗が明らかになって。そういう意味では、大分煮詰まってきたわけだけど、前巻のエピソードがいよいよ決戦か? と思わせただけに、あまり進展しなかったな、というのもどうしても思ってしまう。それと……。ラーストチェカ、面倒くさい娘!2018/07/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12849547

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。