お先に失礼します!―共働きパパが見つけた残業しない働き方

個数:
電子版価格 ¥1,296
  • 電書あり

お先に失礼します!―共働きパパが見つけた残業しない働き方

  • ウェブストアに147冊在庫がございます。(2017年10月21日 17時56分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 207p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784048932622
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0095

内容説明

「お先に失礼します!」…たったその一言が、なぜこんなにも難しいのか?IT企業で7年間の原則定時退社を続け、半年間の育休を取得した3児のパパがたどり着いた働き方。

目次

第1章 なぜ、定時に帰れないのか(定時退社は楽じゃない!?;仕事が終わらないのは誰のせい? ほか)
第2章 自分ひとりだけが、定時に帰るということ(今日から定時に「帰らなければならない」…。どうなると思いますか?;他のみんなはどうしているのだろう? ほか)
第3章 「休む=悪」という雰囲気へのアンチテーゼ(どうしてこんなにも休みを取りにくいのか?;酸素テントってなに!? ほか)
第4章 男性ヒラ社員が半年間の育休を取ってみた(なぜ半年間の育児休業を取ろうと思ったのか;立ちはだかる「評価」の壁 ほか)
第5章 一握りの勇気で、世界はどこまでも広がる(組織を変えるには、革命を起こすしかないのか?;「前例がないから」という言葉に、どうやって立ち向かいますか? ほか)

著者紹介

中村一[ナカムラハジメ]
IT企業に勤める兼業作家。第15回電撃小説大賞応募をきっかけに、2010年にデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

「残業はできない。だけど仕事が終わらない」「休みたいけど、同僚からの視線が気になる……。」
残業をしない。休みを取る。
ただそれだけのことが、なぜこんなにも難しいのだろう?
IT企業で7年間の原則定時退社を続け、半年間の育休を取得した3児のパパがたどり着いた残業しない働き方とは。

――仕事以外にも“大事にしたい時間”があるあなたへ。