電撃文庫<br> なれる!SE〈7〉目からウロコの?客先常駐術

個数:
電子版価格 ¥605
  • 電書あり

電撃文庫
なれる!SE〈7〉目からウロコの?客先常駐術

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年11月30日 14時56分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 281p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784048868532
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

毎度おなじみの社長の強権発動により取引先のオフィスに常駐勤務となった工兵と立華。常駐先は国内最大手のコンピュータ企業で、なんと藤崎の古巣だという。大企業なので、さぞかし豪華な業務環境に違いない…、と勇み立つ工兵。しかし、二人を待ち受けていたのはプロジェクトルームと呼ばれる、理不尽かつ不自由極まりない場所だった!いつもと勝手が違う環境で二人は苦境に立たされるが、そこで工兵が見出した一手とは!?萌えるSE残酷物語第7弾。

著者等紹介

夏海公司[ナツミコウジ]
兵庫県出身。『葉桜が来た夏』(電撃文庫)で第14回電撃小説大賞選考委員奨励賞を受賞、デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

朝夜

74
うん、自分の考えてるブラック企業ってこんな感じでした。読了。今回は工兵と室見さんがドナドナ売られて他社へ常駐勤務になる話。ほぼ軟禁状態で超不自由な環境で終わりのない作業を永遠と振り分けられるとかストレスがマッハですよね-(虚ろな目 梢さんのヤンデレ具合もだいぶキマってきていましたが環境が真っ黒なので梢さんが少しオアシスに感じられた辺りがかなり末期ですよね(マテ 倒れるまで働いた室見さんでしたがやられてばかりではなくキチンとやり返した所が素敵でした。次回への引きも気になるので続きも楽しみです。2014/02/12

よっち

43
運悪く炎上案件に巻き込まれて客先常駐にさせられてしまった工兵と立華。終わりの見えない炎上案件に関わると難しいことになりがちですが、それ以上に外界との連絡手段や接続も遮断され、全貌も見えないまま終わりのない作業を続させられるというのは、想像以上に厳しいですね。今回はたまたま藤崎の知己で解決手段を持った貝塚という突破口があったから脱出できたものの、そもそもの話自体が権力闘争の駒として使われただけというね。。。ただこういう権謀術数に振り回されて不幸な人が生まれるという構図は、残念ながらよくある話なんですよね。2014/02/08

中性色

32
ただの残酷。今回は客先常駐。といっても工兵と同じくピンとこない内容ではあったけれど。そのためか、藤崎さんの昔話の方が興味深い。あと前巻の話の絵はそんなところに……。ただ、今回は環境内的にも登場人物的にもミニマムだったので、いつもの偶のコメディ的要素が薄めなのは微妙かな。結局あの人が持っていくんかい。個人的には梢が好み2017/04/28

Yobata

32
今回の工兵達は、藤崎の元勤務していた大企業の常駐業務をすることに。しかしそれは想像を超える過酷な業務で、セキュリティで雁字搦めの不条理,理不尽,不自由な仕事だった。工兵達は戦い抜くことが出来るのか?ついに来ました社内派閥の政治対決。さらに奴隷商売。まぁこの二つを描かなかったら現在の仕事の実態を描き切ったとは言わないよねwまぁこんな話でハッピーで終わる訳なくかなり重い話に…。頑張れ工兵!今のままで立派な社畜として生き抜いてくれwあぁあと、梢さんが相変わらずやばかったw2012/12/05

牧神の午後

29
重すぎるデスマーチ。これがフィクションと言い切れないところが怖い。実感がない人は"軍曹 YRP"あたりでググってもらえれば、恐ろしさの片鱗が味わえると思う。今回工兵たちは上手く撤収できたけど、大多数の方達は取り残されているのがホラー。まぁ、客先常駐といってもピンキリで、こんな炎上プロジェクトばかりでないし、保守常駐もあるので一概には言えないのですけどね。そんな中の一服の清涼剤は「客先に綺麗な女担当者がいて、あんたとイチャイチャしてそれで問題が解決するのよ」という立華タンの台詞。身も蓋もないシリーズ説明だ。2013/05/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5309421

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。