電撃文庫<br> 乃木坂春香の秘密〈15〉

個数:
電子版価格 ¥561
  • 電書あり

電撃文庫
乃木坂春香の秘密〈15〉

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 253p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784048862530
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

容姿端麗で才色兼備、『白銀の星屑』という二つ名まで持つ超お嬢様、乃木坂春香。彼女が抱える過去のトラウマも解決し、二人で挑む共同作業“こども”作りもうまくいき、俺はようやく春香に対する想いを伝えることができた。そしてそれは、お互いの気持ちを確認し合えた矢先、唐突に訪れた―。春香の父・玄冬から告げられた、春香の結婚話。美夏やメイドさんたちにも内緒で進められ、気づけばいつの間にか俺は乃木坂家から遠ざけられてしまった。―自分は本当に春香にふさわしく、幸せにすることができるのか…。尽きない悩みの中、春香の気持ちだけを信じて、美夏たちと共に立ち向かっていくのだが―。

著者等紹介

五十嵐雄策[イガラシユウサク]
10月3日生まれ。第4回電撃hp短編小説賞最優秀賞を受賞し、文庫デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

た〜

19
キングオブスケコマシとチートな仲間たちによるダンジョン攻略話。前巻で終わりにしても良さそうだったけれど最後に一山試練を与えてみましたと言ったところか。セレブな両親の思惑は見え見えの超お約束。2017/12/12

中性色

17
今でこそメインヒロインがオタク趣味というラノベは数あれど、考えてみればパイオニアはこれなのかなぁ。という事を思いつつ本編はこれで終了。開始当初は年代的にも一癖ある作品が多いなかで、これだけ王道を突き抜けた作品も珍しいなぁと。まぁ、王道だから展開は読めてたし(というか、カラー絵ですでにばれてるっていう)後、この作品の何気な見所に地文にあるかなり特殊な比喩にあるんだけど、今回はテーマがテーマだからかあまりなかったな。後、戯言だけど春香が綾瀬性になったら、「あやせはるか」になるのか。2014/03/27

きりひと

13
★☆☆☆☆ あとがきにて、ドヤ顔でグランドエピソードがどうのこうのと語られていたのだけれど、心底からどうでもよく思う。次から次へと湧いて出てくる罵詈雑言を、どれだけオブラートに、そして255文字の制限以内に収めようかと、かれこれ20分ほど迷っているのだけれど、どうにも考えがまとまらない。とりあえず、金輪際五十嵐雄策の作品は読まない、かなぁ。メインディッシュまでは平らげたのだから、残るところはデザートだけ…。ここまで読み進めてきたのだから最後まで付き合うけどさ…。正直、オードブルの段階でお腹はいっぱい(ry2014/02/03

雨ヨ@感想後まわし;

11
なんていうか…。うんそうだね。としか。という主人公が立ち直るのに椎名をまた当て馬にするとか酷過ぎるww全体的に主人公に魅力があるとは思えないんだよなー。でもここまで読んできたのは予想を裏切らない展開なのでハラハラドキドキしない、王道展開を踏み外さないので変な安心感があるからかな。こう色々なものを読んだ間に気まぐれに読むの丁度よかったです。2013/07/08

Makos

10
読了。ひとまず完結。春香奪還のオチはまぁ予想できたけど、最後はきっちり収まっていて満足。ここで“秘密”を(もう一度)持ってくるか、と。そして葉月さんが格好よすぎた。すこし長すぎたかな?とも思うけれどいい砂糖べったり甘々ラノベでした。最後のグランドエンドも楽しみに待ちたいと思います。2012/01/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4565021

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。